麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/16 Mリーグ2023-24 第2試合結果】サクラナイツの同日連勝!堀慎吾がメリハリのきいた押し引きで危なげない展開に持ち込みしっかりトップをつかみ取る!2着は攻めの選択がハマった鈴木大介!

【1/16 Mリーグ2023-24 第2試合結果】サクラナイツの同日連勝!堀慎吾がメリハリのきいた押し引きで危なげない展開に持ち込みしっかりトップをつかみ取る!2着は攻めの選択がハマった鈴木大介!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」66日目が1月16日(火)に開催された。

1月16日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:瀬戸熊直樹

南:堀慎吾

西:伊達朱里紗

北:鈴木大介

第2試合

東1局、瀬戸熊がいきなり4巡目に[1][4]待ちの先制リーチ。

跳満が見える手の堀が押し返しを図るも瀬戸熊は[1]をツモ。

瀬戸熊は2000オールの加点で好スタートを切った。

東1局 瀬戸熊 リーチ, ツモ, ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東1局1本場、堀が[五][八]待ちのリーチを敢行。

ホンイツのテンパイとなった伊達から[八]が溢れて決着。

堀は2000の加点となった。

東1局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 堀 リーチ, ピンフ 2000 ©ABEMA

東2局は流局し、東3局1本場へ。

伊達が七対子の地獄単騎[西]待ちで先制リーチ。

同巡、堀も七対子でテンパイ、[南]単騎待ちのリーチを敢行。

手詰まった瀬戸熊から[南]が放たれて決着。

裏ドラも2枚乗り、堀は12000の大きな加点に成功した。

東3局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

東4局は流局し、堀が1歩リードしての南入となった。

南1局1本場、大介が[2]をポンしてカン[五]待ちのテンパイに。

そこに伊達が[④][⑦]待ちのリーチを敢行。

大介が[⑦]を掴み決着。

伊達は3200の獲得となった。

南1局1本場 大介の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 伊達 リーチ, 赤ドラ×1 3200 ©ABEMA

南2局、[五]ポン、[八]ポンと仕掛けた堀が[④][⑥]シャンポン待ちのテンパイ。

道中[赤⑤]を持ってきた堀は亜両面待ちへの変化を取らずにそのまま[赤⑤]をツモ切る。

堀は難なく[⑥]をツモ。

堀は4000オールの加点で他家を突き放した。

南2局 堀 タンヤオ, トイトイ, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

南2局1本場、伊達が続々と筒子を引き入れ清一色へ向かう構え。

カン[②]をチーした伊達は[北]単騎待ちのテンパイに。

そこに大介が[⑨][西]シャンポン待ちでリーチをかける。

伊達は待ちを[①][④][⑦]へ変化させる。

大介が[⑨]をツモって決着。

大介は1300・2600の加点に成功した。

南2局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 大介 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

南3局、大介が嬉しいドラ[白]を重ねて[⑥][⑨]待ちのリーチを敢行。

ヒントの少ないリーチ、瀬戸熊から[⑨]が溢れてしまう。

大介は5200の獲得となった。

南3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南3局 大介 リーチ, ドラ×2 5200 ©ABEMA

オーラスは流局し、オーラス1本場へ。

伊達が[6][9]待ちの先制リーチを敢行、2着浮上を目指す。

点数に余裕のある堀から[6]が溢れて決着。

伊達は5200の加点となり3着のままの終局となった。

また、この伊達のアガリで堀のトップが確定した。

オーラス1本場 堀の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 伊達 5200 ©ABEMA
第2試合トップの堀 ©ABEMA

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+61.9
2位 大介(BEAST)+6.7
3位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲16.2
4位 瀬戸熊(雷電)▲52.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月16日トータル結果

サクラナイツ(岡田1着・堀1着)+114.8
BEAST(猿川2着・大介2着)+18.6
麻雀格闘倶楽部(滝沢3着・伊達3着)▲28.3
雷電(本田4着・瀬戸熊4着)▲105.1

サクラナイツが大きな同日連勝を決めてPiratesに大きく詰め寄った。雷電は苦しい戦いが続きマイナスポイントが300に突入、そろそろ食い止めなければならない場面となった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月18日の対戦カード ©ABEMA
1月16日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top