麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/23 Mリーグ2023-24 第1試合結果】高打点のアガリ合戦を制す!浅見真紀が東場で抜け出すと、南場の親番での効果的なダマテン和了が決まり手となってトップ獲得!2着は鋭い押しが光った猿川真寿!

【1/23 Mリーグ2023-24 第1試合結果】高打点のアガリ合戦を制す!浅見真紀が東場で抜け出すと、南場の親番での効果的なダマテン和了が決まり手となってトップ獲得!2着は鋭い押しが光った猿川真寿!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」70日目が1月23日(火)に開催された。

1月23日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:小林剛

南:猿川真寿

西:浅見真紀

北:東城りお

第1試合

東1局、親の小林が配牌で[6]を4枚手にする。

ほどなくして小林は[七]をポンして[4][5][7]待ちテンパイに。

浅見から[4]が余って決着。

小林は2900の加点となり、比較的静かな滑り出しとなった。

東1局 浅見の手牌 ©ABEMA
東1局 小林 タンヤオ, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA

東1局1本場、小林が[発]ポン、[1]チーと仕掛けて早々に[④][⑦]待ちのテンパイとなる。

数巡後、[四]をポンして浅見もカン[5]待ちのテンパイに。

さらに、追いついた東城が[2][5][8]待ちのリーチを敢行。

小林が一発で[8]を掴んでしまう。

東城は12000の大きな加点に成功した。

東1局1本場 浅見の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 東城 リーチ, 一発, ピンフ, タンヤオ, 三色同順 12000 ©ABEMA

東2局は流局し、東3局1本場へ。

東城が第1ツモで手の中がすべて萬子と字牌だけになり、混一色進行。

そして小林が配牌でドラ[3]暗刻というぶつかり合いの予想される展開に。

しかし先制テンパイは浅見。

浅見は[③][⑥]待ちのリーチをかける。

そこに猿川が[⑤][九]シャンポン待ちのテンパイとなりダマテンを選択。

配牌時点ではぶつかり合いが予想されたが、結局アガリは出ることなく流局となった。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東3局2本場、猿川が面前での進行も十分考えられる手でカン[四]をチーして早々に[5][8]待ちのテンパイに。

そこに浅見が[①][④][⑦]待ちのリーチを敢行。

浅見は一発で[①]を山から手繰り寄せる。

浅見は6000オールの加点で一気に他家を突き放した。

東3局2本場 猿川の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 浅見 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×2, 裏ドラ×1 6000オール ©ABEMA

東3局3本場、小林がドラの[7]を重ね、七対子[発]単騎で先制リーチ。

終盤、猿川が[三][⑨]シャンポン待ちテンパイで追いつくと小考ののちリーチを選択。

猿川が[⑨]をツモって決着。

猿川は2000・4000の獲得となった。

東3局3本場 小林の手牌 ©ABEMA
東3局3本場 猿川 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、猿川が[発]ポン、[七]ポンと仕掛けてカン[2]待ちのテンパイに。

イーシャンテンの東城から[2]が溢れてしまう。

猿川は2000の加点となり、浅見が頭一つ抜けた状態で南入となった。

東4局 東城の手牌 ©ABEMA
東4局 猿川 發, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南1局、浅見がカン[6]をチーして[④][⑦]待ちのテンパイ。

そこに小林が[③][東]シャンポン待ちのリーチ。

猿川が回りながら[三][六]待ちのテンパイで追いつく。

押し切った猿川が[三]をツモ。

猿川は1000・2000の加点に成功した。

南1局 浅見の手牌 ©ABEMA
南1局 小林の手牌 ©ABEMA
南1局 猿川 タンヤオ, 赤ドラ×2 1000・2000 ©ABEMA

南2局、東城が[西]ポン、[一]ポン、[中]ポンと仕掛け、ペン[⑦]待ちのテンパイを取らない選択。

東城はさらに高い混一色を目指す。

そこに猿川が[⑨]チー、[④]チーと仕掛け、カン[2]待ちのテンパイに。

まだ警戒の薄い浅見が[2]を切ってしまう。

猿川は5800の直撃に成功しトップ目に立った。

南2局 浅見の手牌 ©ABEMA
南2局 猿川 一気通貫, ドラ×1, 赤ドラ×1 5800 ©ABEMA

南2局1本場、自風[西]ポンから入った東城がカン[四]待ちの先制テンパイ。

ほどなくして浅見が[五][八]待ちのリーチをかける。

浅見は[八]をしっかりツモ。

浅見は2000・4000の加点で再びトップ目に立った。

南2局1本場 東城の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 浅見 リーチ, ツモ, タンヤオ, ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南3局は流局し、南3局1本場に。

ドラの[九]を重ねた浅見が七対子[中]単騎のテンパイとなりダマテンに構える。

東城から[中]が溢れて決着。

浅見は9600の加点に成功した。

南3局1本場 東城の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 浅見 チートイツ, ドラ×2 9600 ©ABEMA

南3局2本場、東城がカン[⑤]待ちの先制リーチを敢行。

降りていられない状況の小林から[⑤]が溢れてしまう。

東城は5200の加点となり、浅見が抜け出した状態でオーラスに入った。

南3局2本場 小林の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 東城 リーチ, イーペーコー, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

オーラス、小林が[三][六]待ちのテンパイとなり素点回復を図る。

そこに親の東城が[5][8]待ちのリーチで応戦。

ほどなくして猿川がカン[⑤]待ちのテンパイとなりダマテンに構える。

東城が[⑤]を掴み決着。

猿川は6400の加点で2着目のキープとなった。

オーラス 小林の手牌 ©ABEMA
オーラス 東城の手牌 ©ABEMA
オーラス 猿川 發, ドラ×1, 赤ドラ×1 6400 ©ABEMA
第1試合トップの浅見 ©ABEMA

第1試合結果
1位 浅見(ドリブンズ)+74.3
2位 猿川(BEAST)+23.3
3位 東城(フェニックス)▲30.3
4位 小林(Pirates)▲67.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top