麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/23 Mリーグ2023-24 第2試合結果】南場で大爆発!菅原千瑛がダブルリーチでしっかり跳満をアガりきり一気に突き抜けトップ獲得!2着はオーラスで条件を作りきった茅森早香!

【1/23 Mリーグ2023-24 第2試合結果】南場で大爆発!菅原千瑛がダブルリーチでしっかり跳満をアガりきり一気に突き抜けトップ獲得!2着はオーラスで条件を作りきった茅森早香!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」70日目が1月23日(火)に開催された。

1月23日の対戦カード ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:茅森早香

南:園田賢

西:菅原千瑛

北:仲林圭

第2試合

東1局は流局、東2局1本場へ。

管原が配牌で七対子イーシャンテンの手を入れる。

しかし先制したのは園田。

園田は[4][7]待ちでリーチを敢行。

園田は[7]を難なくツモ。

園田は4000オールの加点に成功した。

東2局1本場 園田 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東2局2本場、菅原が嬉しい[発]を引き、[2][5]待ちの先制リーチ。

茅森が押し返しを図るも菅原は[2]をツモ。

管原は1000・2000の獲得となった。

東2局2本場 菅原 1000・2000 ©ABEMA

東3局、園田が[1][4]待ちでテンパイ。

園田は[2][3]を払って筒子の清一色への変化を考えるも[1][4]待ちでのリーチを選択。

ほどなくして仲林が[7]をチーして[3][6]待ちの満貫確定テンパイ。

この2人の捲り合いは仲林が[6]をツモって決着。

仲林は2000・4000の加点に成功した。

東3局 園田の手牌 ©ABEMA
東3局 仲林 白, ホンイツ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局は仲林が中のみの500オールで連荘に成功し東4局1本場へ、

茅森がドラ[九]をポンして、チャンタや役牌の後付けを狙う。

そこに園田が[⑤][⑥]待ちのリーチをかける。

[白]をポンできた茅森はペン[3]待ちのテンパイに。

園田が[3]を掴んでしまう。

茅森は8000の獲得となった。

東4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 茅森 白, チャンタ, ドラ×3 8000 ©ABEMA

南1局、[発]をポンしていた菅原は赤ドラをすべて使い切り[3][6]待ちのテンパイに。

管原は[3]をしっかりツモ。

管原は2000・4000の加点で2着目に浮上した。

南1局 菅原 發, 赤ドラ×3 2000・4000 ©ABEMA

南2局、先ほどのアガリで勢いに乗った菅原が三色確定のカン[⑤]待ちダブルリーチ。

管原は最後の[⑤]を山から手繰り寄せる。

管原は3000・6000の大きな加点で一気に突き抜けたトップ目に立った。

南2局 菅原 ダブルリーチ, ツモ, タンヤオ, 三色同順, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

南3局、園田が[七][八]を外してトイトイや七対子などの手を目指す。

[白]をポンしていた園田は[発][⑨]シャンポン待ちのテンパイに。

ほどなくして茅森はツモれば四暗刻の[4][7]シャンポン待ちテンパイとなるもこれは純カラ。

結局アガリは出ずに流局、菅原が1歩リードしてオーラスへ。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス1本場、茅森は場風[南]のポンはせず、どっしりと着順上昇の条件を作りに行く。

ほどなくして茅森は[2][5]待ちのリーチを敢行。

降りていられ園田から[2]が溢れて決着。

茅森は8000の加点で2着目に浮上した。

また、この茅森のアガリをもって菅原のトップが確定した。

オーラス 園田の手牌 ©ABEMA
オーラス 茅森 リーチ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA
第2試合トップの管原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 菅原(BEAST)+58.5
2位 茅森(フェニックス)+8.3
3位 仲林(Pirates)▲13.3
4位 園田(ドリブンズ)▲53.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月23日トータル結果

BEAST(猿川2着・菅原1着)+81.8
ドリブンズ(浅見1着・園田4着)+20.8
フェニックス(東城3着・茅森2着)▲22.0
Pirates(小林4着・仲林3着)▲80.6

BEASTは直近6戦112221と6連続連対、フェニックスまであと6ポイント差まで縮めた。ドリブンズは6連続3着を浅見が食い止めたが園田は苦しい結果となった。

フェニックスは厳しい展開ながらもなんとか失点を防ぐ結果となった。

木曜日もBEAST、フェニックスは直接対決。順位が変わることもあるかもしれない。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月25日の対戦カード ©ABEMA
1月23日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top