麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/8 Mリーグ2023-24 第1試合結果】ついに個人成績がプラス域に!醍醐大が的確な見極めで大物手と躱し手を使いこなし大きなトップを持ち帰る!2着はノー和了ながらも耐えきった瀬戸熊直樹!

【2/8 Mリーグ2023-24 第1試合結果】ついに個人成績がプラス域に!醍醐大が的確な見極めで大物手と躱し手を使いこなし大きなトップを持ち帰る!2着はノー和了ながらも耐えきった瀬戸熊直樹!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」79日目が2月8日(木)に開催された。

2月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:瑞原明奈

南:勝又健志

西:醍醐大

北:瀬戸熊直樹

第1試合

東1局は流局し東1局1本場に。

醍醐がカン[③]チー、ドラ[⑧]をポンして積極的にアガリを狙う。

そこに[四][3]シャンポン待ちでテンパイした瀬戸熊がこれをダマテンに構える。

瀬戸熊は醍醐への放銃率を考慮してフリテンの[2][5]待ちに受けかえる。

さらに瑞原が[四][七]待ちのリーチを敢行。

しかしアガリが出ることなくまたも流局となった。

東1局1本場 流局 ©ABEMA

東1局2本場、醍醐が面前進行も十分目指せるところから[3]をポンして躱し手を狙う。

醍醐はあっという間に[五][八]待ちのテンパイに。

テンパイした瑞原から[五]が溢れて決着。

醍醐は2000の加点となり親のリーチを躱すことに成功した。

東1局2本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東1局2本場 醍醐 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局、[白]をポンしていた醍醐が[①][⑧]シャンポン待ちの先制テンパイ。

そこに瀬戸熊が[1][4]待ちでテンパイしダマテンを選択。

瀬戸熊の手番が来る前に勝又から[⑧]が溢れてしまう。

醍醐は8000の獲得となった。

東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局 勝又の手牌 ©ABEMA
東2局 醍醐 白, ドラ×3, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東3局、瀬戸熊は[6][9][⑥]待ちのテンパイとなり一旦ダマテンに取る。

瀬戸熊はカン[7]待ちの一盃口に変化したところでリーチをかける。

そこに醍醐がカン[6]待ちでテンパイとなりダマテンを選択。

瀬戸熊の現物となっていた[6]が瑞原から溢れてしまう。

醍醐は4800の加点に成功した。

東3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東3局 醍醐 中, ドラ×1 4800 ©ABEMA

東3局1本場、勝又が[5][白]シャンポン待ちで先制リーチを敢行。

積極的な鳴きで攻めの姿勢を見せた瑞原から[白]が余って決着。

勝又は5200の加点で3着目に浮上した。

東3局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 勝又 リーチ, 白, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

東4局、瑞原は[中]ポン、[東]ポンと仕掛け、[3][6]待ちのテンパイに。

そこに[発]をポンしていた醍醐が[二][五]待ちのテンパイで追いつく。

ドラ[南]も押し切った醍醐は[赤五]を山から手繰り寄せる。

醍醐は1000・2000の加点で頭一つ飛びぬけたトップ目で南入となった。

東4局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東4局 醍醐 發, 赤ドラ×2 1000・2000 ©ABEMA

南1局、またも醍醐は素早くテンパイに辿りつく。

[中]をポンしていた醍醐は[⑤][⑧]待ちのテンパイに。

次巡、醍醐はあっさり[赤⑤]をツモ。

醍醐は1000・2000の獲得となった。

南2局 醍醐 中, ドラ×1, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南2局、[中]をポンしていた瑞原はペン[三]待ちのテンパイに。

そこに親の勝又が[④][⑦]待ちのリーチを敢行。

勝又が[三]を掴んで決着。

瑞原は1000の加点となった。

南2局 勝又の手牌 ©ABEMA
南2局 瑞原 中 1000 ©ABEMA

南3局は瀬戸熊の1人テンパイで流局、醍醐の大幅リードでオーラスに。

オーラス1本場、アガリトップの醍醐が早々に[④][⑦]待ちテンパイとなりこれをダマテンに。

ラス目瑞原が[⑦]をツモ切りこれに醍醐がロンの声。

醍醐は8000の加点で自身のトップを確定させた。

オーラス1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 醍醐 ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA
第1試合トップの醍醐 ©ABEMA

第1試合結果
1位 醍醐(フェニックス)+78.2
2位 瀬戸熊(雷電)+1.5
3位 勝又(風林火山)▲25.0
4位 瑞原(Pirates)▲54.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top