麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【2/9 Mリーグ2023-24 第1試合結果】サクラナイツ3連勝!岡田紗佳が接戦のなか南3局に鮮やかな6000オールを一撃決めてトップ獲得!2着は強烈な押しとビタ止めで点数を維持した渡辺太!

【2/9 Mリーグ2023-24 第1試合結果】サクラナイツ3連勝!岡田紗佳が接戦のなか南3局に鮮やかな6000オールを一撃決めてトップ獲得!2着は強烈な押しとビタ止めで点数を維持した渡辺太!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」80日目が2月9日(金)に開催された。

2月9日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:渡辺太

西:岡田紗佳

北:佐々木寿人

第1試合

東1局、親の日向がピンフの[①][④]待ちで先制リーチ。これを受けてイーシャンテンだった太は一発目から無筋の[八]を勝負し、タンヤオピンフ赤2の[③][⑥]待ちで追いかけリーチを敢行。しかし太が[①]を掴む結果となり、日向が2900をアガって第1試合スタート。

東1局 太の手牌 ©ABEMA
東1局 日向 リーチ, ピンフ 2900 ©ABEMA

東1局1本場は日向の1人テンパイで流局。続く東1局2本場は寿人がタンヤオで両面チーをして日向から1000のアガリ。

東1局1本場 寿人 タンヤオ 1000 ©ABEMA

東2局、親番を迎えた太が[1][4][7]待ちの先制リーチ。安全牌に窮した日向は真っすぐに押し返して[3][6][9]待ちで追いつくも、リーチ宣言牌として打ち出したドラ[1]を捉えられてしまう。太が5800のアガリを決めて連荘。

東2局 日向の手牌 ©ABEMA
東2局 太 リーチ, ピンフ, ドラ×1 5800 ©ABEMA

東2局1本場は太の1人テンパイで流局。

続く東2局2本場、岡田が一気通貫確定のカン[二]待ちで先制リーチ。これに寿人がピンズのホンイツで押し返し、跳満の[⑤]単騎でテンパイ。高打点同士の捲り合いは寿人が[二]を掴んで決着となり、岡田が5200のアガリを決めた。

東2局2本場 寿人の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 岡田 リーチ, 一気通貫 5200 ©ABEMA

東3局は終盤までもつれ、親の岡田がカン[三]をチーして[4]片アガリのテンパイ。タンヤオで仕掛けていた日向にも[二][五]待ちのテンパイが入る。寿人が[二]を選んで放銃、日向が3900のアガリを決めた。

東3局 岡田の手牌 ©ABEMA
東3局 寿人の手牌 ©ABEMA
東3局 日向 タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

東4局、面子手に舵を切っていた日向が[七]を引き戻して七対子でテンパイ。手替わりも考えて[六]単騎の12000ヤミテンに取る。そこに太がイーペーコーのカン[五]でリーチを敢行。同巡に寿人もテンパイするが、リーチ宣言牌の[五]で太に放銃となる。5200のアガリで太がトップ目に立って南入。

東4局 日向の手牌 ©ABEMA
東4局 寿人の手牌 ©ABEMA
東4局 太 リーチ, 一発, イーペーコー 5200 ©ABEMA

南1局は寿人と岡田が仕掛けてテンパイを入れるなか、日向がピンフのヤミテンを岡田からアガって1500の加点。

南1局 日向 ピンフ 1500 ©ABEMA

続く南1局1本場、南2局と岡田が2連続で安手のアガリ。速度重視で他家の勝負手をかわしていく。

南1局1本場 岡田 南 1000 ©ABEMA
南2局 岡田 リーチ 1300 ©ABEMA

南3局、太が[北]のポンから仕掛けてカン[⑦]待ちのテンパイ。そこに親の岡田が[3]を暗カンした上で[三][六]待ちのリーチをぶつける。太は岡田と僅か400点差で競っており、[⑦]が現物ということもあって[⑧][七][6][五]と無筋を猛プッシュ。しかし次巡に[六]を掴むと、これは止めて撤退を選ぶファインプレーを見せた。それでもなお岡田が[三]をツモ、さらに裏ドラを2枚乗せて6000オールの強烈な一撃を決めた。

南3局 太の手牌 ©ABEMA
南3局 岡田 リーチ, ツモ, イーペーコー, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 6000オール ©ABEMA

南3局1本場は太と寿人の2人テンパイで流局。この局も太は猛烈な押しを見せ、テンパイ料で3着の日向と点差を付けてオーラスへ。

南3局1本場 流局 ©ABEMA

オーラス2本場、持ち点は岡田が47,400、太が26,000、日向が20,400、寿人が5,200という並び。供託1本。

岡田が[発]のポンから仕掛けると、太も[7]をポン。利害が一致した2人で終局へ向かう。

オーラス2本場 太の手牌 ©ABEMA
オーラス2本場 岡田の手牌 ©ABEMA

そこに親の寿人が[⑤][⑧]待ちでリーチ。

オーラス2本場 寿人の手牌 ©ABEMA

寿人のリーチ宣言牌[⑥]を日向がチー、現物の[9]を抜いて岡田に放銃。最後は岡田が2000のアガリで自身のトップを確定させた。

オーラス2本場 日向の手牌 ©ABEMA
オーラス2本場 岡田 發, ドラ×1 2000 ©ABEMA

岡田のトップによりサクラナイツは3連勝。500ポイントを超え、首位独走状態となった。

第1試合トップの岡田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 岡田(サクラナイツ)+72.0
2位 太(ドリブンズ)+6.0
3位 日向(ABEMAS)▲22.2
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲55.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top