麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【2/9 Mリーグ2023-24 第2試合結果】トップが激しく入れ替わる乱打戦!滝沢和典がオーラスに劇的な逆転を決めて今季3勝目となるトップ獲得!2着は南場で大きく巻き返した堀慎吾!

【2/9 Mリーグ2023-24 第2試合結果】トップが激しく入れ替わる乱打戦!滝沢和典がオーラスに劇的な逆転を決めて今季3勝目となるトップ獲得!2着は南場で大きく巻き返した堀慎吾!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」80日目が2月9日(金)に開催された。

2月9日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:堀慎吾

西:白鳥翔

北:鈴木たろう

第2試合

東1局、たろうが堀からタンヤオドラ1の2000をアガって静かな立ち上がり。

東1局 堀の手牌 ©ABEMA
東1局 たろう タンヤオ, ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局、滝沢が[南][白]をポンしてソウズのホンイツへ。[東]単騎を自力で手繰り寄せ、2000・4000のアガリ。

東2局 滝沢 白, ホンイツ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東3局はリーチを掛けた親番の白鳥1人テンパイで流局。

続く東3局1本場、白鳥がピンフ高目三色同順の[5][8]待ちで先制リーチ。直後、安全牌に窮した滝沢が真っ直ぐ[5]を打ち一発高目での放銃となる。12000の直後が決まり、白鳥がトップ目に立った。

東3局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 白鳥 リーチ, 一発, ピンフ, 三色同順 12000 ©ABEMA

東3局2本場、先ほど手痛い失点となった滝沢がピンフドラ2の[三][六]待ちで先制リーチ。これを受けてたろうは当たり牌の[六]を暗カンした上で[3][6]待ちの追いかけリーチを敢行。滝沢再びのピンチかと思われた矢先、[三]を引き寄せて2000・4000のアガリを決めた。

東3局2本場 たろうの手牌 ©ABEMA
東3局2本場 滝沢 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局は白鳥と親のたろうのリーチがぶつかる。白鳥は[三][六]待ち、たろうはカン[⑦]待ちだったが、結果はたろうの[⑦]ツモ。1000オールのアガリで連荘に成功した。

東4局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東4局 たろう リーチ, ツモ 1000オール ©ABEMA

東4局1本場、たろうと滝沢が2人ともマンズのホンイツに向かう。先にテンパイしたのは滝沢。トイトイまで伸び、[七][南]のシャンポン待ちに。イーシャンテンだった堀が[七]を打って放銃となり、滝沢が8000のアガリで再びトップ目に返り咲いた。

東4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 滝沢 トイトイ, ホンイツ 8000 ©ABEMA

南1局は親の滝沢が[七]を暗カンすると新ドラが[七]になり、槓全メシ完全メシ祭が発動。役ありテンパイをリーチに踏み切るが、1人テンパイで流局となった。

南1局 流局 ©ABEMA

続く南1局1本場、たろうがピンフドラ1の[2][5]待ちで先制リーチ。そこに白鳥が七対子赤1で追いつき、[五]待ちのヤミテンを入れる。さらに堀がピンフドラ2の[五][八]待ちでテンパイし、追いかけリーチを敢行。ほどなくして堀が[五]をツモ、裏を2枚乗せて3000・6000の強烈なアガリを決めた。

南1局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA
南1局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 堀 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南2局も堀が躍進。親番を迎えてイーペーコーのカン[二]待ちでリーチを掛けると、これをツモ。2000オールのアガリで原点まで戻った。

南1局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA

南2局1本場、滝沢が[2][9]のシャンポン待ちで先制リーチ。堀が[9]の対子落としで放銃となり、滝沢が5200の加点に成功した。

南2局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 滝沢 リーチ, ドラ×1, 裏ドラ×1 5200 ©ABEMA

南3局、親番の白鳥がドラ[発]をポンして[七][⑦]待ちでテンパイ。かわしを狙う滝沢が[⑦]を打って飛び込んでしまい、痛恨の放銃。12000の直撃で再び白鳥がトップ目に。

南3局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南3局 白鳥 發, ドラ×3 120000 ©ABEMA

南3局1本場、たろうがタンヤオ赤1の[③][⑥]待ちで先制リーチ。そこに堀が[七][③][⑥]の変則三面張で負けのない追いかけリーチを敢行。第2試合の命運を分ける捲り合いは堀が[③]をツモって制し、裏も1枚乗せて2000・4000のアガリを決めた。

南3局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA
南3局1本場 堀 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

オーラスはたろうがピンフドラ3のリーチ、さらに滝沢が一発か海底狙いのフリテンツモ切りリーチを掛けるも2人テンパイで流局。たろうは勝負手が一向に決まらず苦しい展開。

オーラス 流局 ©ABEMA

オーラス1本場、持ち点は白鳥が32,400、堀が28,100、滝沢が22,400、たろうが15,100という並び。場には供託2本。

白鳥がタンヤオ、堀がホンイツで仕掛けるなか、滝沢がピンフ高目一気通貫の[①][④][⑦]待ちで先制リーチ。

オーラス1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

白鳥が安全牌に窮し、やむなく押していく。そこで[①]を掴んでしまい、長考の末ツモ切って痛恨の高目放銃。

滝沢が8000の直撃を決め、劇的な逆転で幕切れとなった。

オーラス1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 滝沢 リーチ, ピンフ, 一気通貫 8000 ©ABEMA

トップが激しく入れ替わる乱打戦を制した滝沢が今季3勝目。

久々の登板だった白鳥は悔しい3着となった。

第2試合トップの滝沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+52.7
2位 堀(サクラナイツ)+8.1
3位 白鳥(ABEMAS)▲15.9
4位 たろう(ドリブンズ)▲44.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月10日トータル結果

サクラナイツ(岡田1着・堀2着)+80.1
麻雀格闘倶楽部(寿人4着・滝沢1着)▲3.1
ABEMAS(日向3着・白鳥3着)▲38.1
ドリブンズ(太2着・たろう4着)▲38.9

首位のサクラナイツが更に加点に成功、2位Piratesとの差を200以上に広げて優位な立場になった。残りの3チームはやや悔しい微減の結果に。

第2試合の波乱の連続の展開は、今後の終盤戦の大激戦を予想させるものとも言えるだろう。まだまだ続くレギュラーシーズンの激戦に注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
2月12日の対戦カード ©ABEMA
2月9日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top