麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【2/26 Mリーグ2023-24 第2試合結果】鈴木たろうが親番で大暴れ!歴代最高スコアを更新する大きなトップを持ち帰り、チームも首位に!2着は果敢に攻めた東城りお!

【2/26 Mリーグ2023-24 第2試合結果】鈴木たろうが親番で大暴れ!歴代最高スコアを更新する大きなトップを持ち帰り、チームも首位に!2着は果敢に攻めた東城りお!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」89日目が2月26日(月)に開催された。

2月26日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:東城りお

南:鈴木たろう

西:仲林圭

北:多井隆晴

第2試合

東1局は多井がカン[六]待ちで先制リーチ。仲林も押し返して[三][六]待ちでリーチをかける。この局は決着がつかず、仲林、多井の二人テンパイで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場は仲林が後付けを狙う中、東城が仕掛けて[3][6][②]待ちで先制テンパイ。そのまま300・500のツモアガリで供託を回収することに成功。

東2局1本場 東城 タンヤオ 300・500 ©ABEMA

東3局は多井が[白]をポン。さらに仕掛けて[四][七]待ちのマンガンの先制テンパイをいれる。そこに東城が[二][五]待ちでリーチをかける。めくり合いの末、多井が[二]を掴んで放銃、東城の8000のアガリでトップ目に立つ。

東3局 多井の手牌 ©ABEMA
東3局 東城 リーチ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東4局は東城が[発]をポン。そこにドラ対子のたろうがカン[三]待ちで先制リーチ。たろうが[⑨]をアンカンするとなんと親の多井に新ドラが3枚乗る。多井が仕掛けて[二][三][六]待ちでテンパイし押し返すが決着はつかずに多井、たろうの二人テンパイで流局となる。

東4局 流局 ©ABEMA

東4局1本場は仲林がチートイツの[南]待ちで先制リーチ。親のイーシャンテンだった多井が[南]を掴んで放銃、仲林の6400のアガリ。

東4局1本場 仲林 リーチ, チートイツ, 赤ドラ×1 6400 ©ABEMA

南1局はたろうが[⑧]をポンして[二][8]待ちのトイトイの先制テンパイ。そこに多井がカン[3]待ちでリーチをぶつけるが、たろうが三暗刻のつく[8]のツモで2000・4000のアガリでトップ目に立つ。 

南1局 多井の手牌 ©ABEMA
南1局 たろう タンヤオ, トイトイ, 三暗刻 2000・4000 ©ABEMA

南2局は親のたろうがカン[④]待ちで先制リーチ。中筋となり多井から7700のアガリを決めてリードを広げる。

南2局 たろう リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 7700 ©ABEMA

南2局1本場は仲林が[①][④]待ちで先制リーチ。そこに東城がカン[⑦]待ちで追いつきリーチをかける。さらに親のたろうも[③][⑥]待ちでマンガンのテンパイ、ここはダマテンに構える。このトップ争いの天王山をたろうが制し、仲林から12000のアガリを決め独走状態に入る。

南2局1本場 仲林の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 東城の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 たろう ピンフ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

南2局2本場はたろうが[三][六]待ちで先制リーチ、一人旅となる。ドラの[三]をツモって6000オールのアガリで持ち点は7万点を超える。

南2局2本場 たろう リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×2 6000オール ©ABEMA

南2局3本場はドラの役牌の[西]が暗刻の多井が仕掛けをいれるなか、仲林がカン[6]待ちでマンガンのテンパイ、ダマテンに構える。さらに親のたろうが[②][⑤]待ちでリーチ、東城もドラの[西]を切って[三][六]待ちでリーチを敢行。仲林は撤退を選択、粘った多井が[1][4]待ちでテンパイ。しかしアガったのはまたも親のたろう、裏も2枚乗る6000オールのアガリで持ち点は9万点を超える。

南2局3本場 仲林の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 東城の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 多井の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 たろう リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 6000オール ©ABEMA

南2局4本場もたろうがペン[⑦]待ちで先制リーチ。これも裏が2枚乗る4000オールのアガリで持ち点は10万点を超えた。

南2局4本場 たろう リーチ, ツモ, ドラ×2 4000オール ©ABEMA

南2局5本場もたろうがチートイツの筋になっている[⑦]待ちで先制リーチ。これもツモってまたも裏が2枚乗る6000オールのアガリで12万点を超える。

南2局5本場 たろう リーチ, ツモ, チートイツ, 裏ドラ×2 6000オール ©ABEMA

南2局6本場は仲林が[④][⑦]待ちで先制リーチ。親のたろうも仕掛けて[8][六]待ちで追いつく。この局はたろう、仲林の二人テンパイで流局。

南2局6本場 流局 ©ABEMA

南2局7本場は東城が[④][⑦]待ちで先制リーチ。長かったたろうの親を流す1300・2600のアガリで3着とのリードを広げる。

南2局7本場 たろう リーチ, ツモ, ピンフ, 裏ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

南3局は多井が[一][四]待ちで先制リーチ。たろうもカン[四]待ちで追いかけリーチをかける。さらに、東城も[二][五]待ちで追いかけリーチをかけるが、たろうが[一]を掴んで多井の8000のアガリ。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA
南3局 東城の手牌 ©ABEMA
南3局 多井 リーチ, ピンフ, ドラ×2, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

南4局はアガれば2着の東城が仕掛けて[3][⑦]待ちのテンパイ。たろうも[⑤][⑧]待ちのピンフテンパイ、ダマテンに構える。アガれば3着の仲林は[①][④]待ちでテンパイ、これもダマテンに構える。そこに親の多井がカン[③]待ちでリーチを敢行。後方からの多井が一発でツモり、2000オールのアガリで3着めに浮上する。

南4局 東城の手牌 ©ABEMA
南4局 たろうの手牌 ©ABEMA
南4局 仲林の手牌 ©ABEMA
南4局 多井 リーチ, 一発, ツモ 2000オール ©ABEMA

南4局1本場が東城が仕掛けて[五][八]待ちで3巡目に先制テンパイ。すぐに仲林から2000のアガリを決めて終局。

南4局1本場 東城 中, ドラ×1 2000 ©ABEMA

親番で稼ぎまくったたろうが112800点持ちでMリーグ歴代最高スコアを更新!!!

インタビューでは「歴代最高スコアの点数は知らなかった」と語り、無欲に点棒をひたすらかき集める姿勢の結果生まれた記録とも言えるだろう。

第2試合トップのたろう ©ABEMA

第2試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+132.8
2位 東城(フェニックス)▲9.9
3位 多井(ABEMAS)▲49.7
4位 仲林(Pirates)▲73.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月26日トータル結果

ドリブンズ(園田1着・たろう1着)+194.2
ABEMAS(白鳥2着・多井3着)▲37.3
フェニックス(醍醐4着・東城2着)▲65.2
Pirates(瑞原3着・仲林4着)▲91.7

ドリブンズが同日連勝、更にたろうがMリーグ最高スコアを100点更新する112,800点の特大トップを獲得、一気にPiratesをかわして首位に浮上した。フェニックスは台風にまきこまれながらも東城が2着で耐えた事が大きくなんとか6位をキープ。しかしここから更に6位争いが激化する展開となるであろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
2月27日の対戦カード ©ABEMA
2月26日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top