麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【3/26 Mリーグ2023-24 第1試合結果】国士無双はアガれずともトップは見逃さない!高宮まりが3万点近い差を得意の攻めでひっくり返し大勝利!2着は親倍満で大量加点に成功した瀬戸熊直樹!

【3/26 Mリーグ2023-24 第1試合結果】国士無双はアガれずともトップは見逃さない!高宮まりが3万点近い差を得意の攻めでひっくり返し大勝利!2着は親倍満で大量加点に成功した瀬戸熊直樹!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」106日目が3月26日(火)に開催された。

3月26日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:瀬戸熊直樹

西:東城りお

北:鈴木大介

第1試合

東1局、親の高宮が好配牌をもらう。

しかし先生テンパイは大介。

大介はカン[3]をチーしてカン[5]待ちテンパイに。

直後、高宮が[2][5]待ちテンパイ、これをダマテンに構える。

東城から[2]が放たれて決着。

高宮は18000の加点となり最高のスタートを切った。

東1局 大介の手牌 ©ABEMA
東1局 東城の手牌 ©ABEMA
東1局 高宮 タンヤオ, イーペーコー, ドラ×3, 赤ドラ×1 18000 ©ABEMA

 

東1局1本場、大介が[3]ポン、[中]ポンと仕掛け跳満確定の[1][6]シャンポン待ちテンパイに。

程なくして[②]をポンしていた東城が[三][六]待ちテンパイに。

さらに瀬戸熊が[六][九]待ちでリーチを敢行。

このリーチを受けた東城はオリの選択となる。

瀬戸熊は[九]をツモ。

瀬戸熊は1300・2600の獲得となった。

東1局1本場 大介の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 瀬戸熊 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

東2局、[中]をポンしていた瀬戸熊は[6][9]待ちのテンパイにたどり着く。

東城から[9]が溢れてしまう。

瀬戸熊は5800の加点に成功した。

東2局 東城の手牌 ©ABEMA
東2局 瀬戸熊 中, 赤ドラ×2 5800 ©ABEMA

東2局1本場、瀬戸熊が[三][六]待ち先制リーチをかける。

瀬戸熊は[三]を一発でツモ。

瀬戸熊は8000オールの大きな加点となった。

東2局1本場 瀬戸熊 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×2 8000オール ©ABEMA

 

東2局2本場、高宮はカン[三]待ちのテンパイを取らず好形変化を見る。

そこに大介が[六][九]待ちテンパイとなりダマテンを選択。

瀬戸熊から[六]が放たれこれに大介がロンの声。

大介は3900の獲得となった。

東2局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 大介 ピンフ, ドラ×2 3900 ©ABEMA

東3局、高宮が[白]をポンして[①][④]待ちテンパイに。

高宮はあっさり[①]をツモ。

高宮は500・1000の獲得となった。

東3局 高宮 白, ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

東4局は流局し、瀬戸熊が大きなリードを待ったトップ目で南入した。

南1局1本場、高宮があっという間に国士無双イーシャンテンに。

そこに瀬戸熊が[六][九]待ちのリーチを敢行。

程なくして高宮は国士無双の[①]待ちテンパイに。

さらに大介が[白]しかアガれない[白][⑧]シャンポン待ちテンパイに。

瀬戸熊が[白]を掴み決着。

大介は8000の加点に成功した。

南1局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 大介 白, ドラ×2, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

 

南2局、[1]ポンから仕掛けた高宮はほどなくして[北][9]シャンポン待ちのホンイツテンパイ。

そこに瀬戸熊が[1][4]待ちのリーチを敢行。

さらに東城が七対子[北]単騎の追いかけリーチをかける。

しかし、アガりは出ることなく流局となった。

南2局 流局 ©ABEMA

南2局1本場、[発]をポンしていた瀬戸熊はカン[二]待ちテンパイにたどり着く。

そこに東城が[三][5]シャンポン待ちリーチを敢行。

直後高宮もテンパイ、[④][⑦]待ちリーチで応戦する。

高宮が[④]をツモって決着。

高宮は3000・6000の加点でトップ目に立った。

南2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 東城の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 高宮 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×2, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

 

南3局、大介が[①][④]待ち先制リーチ。

直後、瀬戸熊が[①][④]待ち追いかけリーチをかける。

瀬戸熊が[①]を掴み、大介がこれをとらえる。

大介は3900の加点となった。

南3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南3局 大介 リーチ, ピンフ, 裏ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス、大介が[四]ポン、[七]ポン、と鳴いてカン[5]待ちのテンパイに。

そこに東城が[①][④][⑦]待ちリーチを敢行。

大介の待ち[2][5]がへ変化する。

東城が[④]をツモ。

東城は2000・4000の加点、着順上昇はなかったものの素点を回復させた。

また、この東城のアガリをもって高宮のトップが確定した。

オーラス 大介の手牌 ©ABEMA
オーラス 東城 リーチ, ツモ, タンヤオ, ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA
第1試合トップの高宮 ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+67.5
2位 瀬戸熊(雷電)+15.3
3位 東城(フェニックス)▲66.4
4位 大介(BEAST)▲16.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top