麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【5/13 Mリーグ2023-24 第1試合結果】殊勲の勝星!瑞原明奈が勝負所を制してトップを獲得!積極的な鳴きを見せた園田賢はオーラスも仕掛けて2着に滑り込む!

【5/13 Mリーグ2023-24 第1試合結果】殊勲の勝星!瑞原明奈が勝負所を制してトップを獲得!積極的な鳴きを見せた園田賢はオーラスも仕掛けて2着に滑り込む!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2023-24」ファイナルシリーズ5日目が5月13日(月)に開催された。

5月13日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:瑞原明奈

南:二階堂亜樹

西:園田賢

北:内川幸太郎

第1試合

東1局 親番の瑞原がカン[⑦]待ちで先制リーチをかける。これを一発でツモアガリ、他家に攻める暇すら与えず4000オールのアガリで開局する。

東1局 瑞原 リーチ, 一発, ツモ, タンヤオ, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東1局1本場 内川が風牌の[北]を対子落としして、[四][七]待ちで先制リーチ。ここに、園田が高目567三色同順の[五][八]待ちで追いかけリーチ。決着は内川が[八]を掴んで放銃、園田が8000は8300の加点で瑞原を追う。

東1局1本場 内川の先制リーチ ©ABEMA
東1局1本場 園田 リーチ, ピンフ, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

東2局 [白]暗刻の園田が2つ仕掛けて、[四][七]待ちのテンパイをいれる。ドラの[⑨]を対子にした瑞原がチートイツの[西]単騎をダマテンで捕らえにかかる。内川から[西]がツモぎられ、瑞原が6400の加点を決める。

東2局 瑞原 チートイツ, ドラ×2 6400 ©ABEMA

東3局 南家の内川が[南]をポンして、序盤に[五][八]待ちのテンパイをいれる。瑞原・園田がイーシャンテンまでこぎつけたが、内川が[八]をツモアガリ。1000・2000の加点で、親番を迎える。

東3局 内川 南, ドラ×1, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東4局 中盤に[④][⑦]待ちのピンフ形でテンパイした親番内川だったが、見た目枚数の少なさからダマテンに構える。ここに瑞原が二度受けのカン[四]をチーして、カン[四]待ちのタンヤオ形の満貫テンパイをいれる。

東4局 瑞原の満貫テンパイ ©ABEMA

ここに、内川が[④][⑦]待ちのままツモ切りリーチ、亜樹も[④][⑦]待ちで追いかけリーチに踏み切る。熾烈なめくりあいは、内川の[⑦]ツモアガリ。2600オールのアガリで連荘する。

東4局 亜樹の追いかけリーチ ©ABEMA
東4局 内川 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 2600オール ©ABEMA

東4局1本場 [9]チーから積極的に仕掛けた園田が、ドラの[中]片アガリのテンパイをいれる。ここに瑞原がカン[③]待ちのリーチで加点を狙う。瑞原と園田の双方に対応する亜樹だったが、[③]が瑞原に捕まる。瑞原が2600は2900のアガリで南入する。

東4局1本場 瑞原 リーチ, 赤ドラ×1 2600 ©ABEMA

南1局 内川が[③][⑥][⑨]待ちで先制リーチをかける。ここに、ドラの[②]を雀頭にした2副露の園田がペン[七]待ちで追いつくが、内川が[⑥]をツモアガリ、裏ドラを2枚乗せて2000・4000のアガリ。内川は2着目に浮上する。

南1局 園田の仕掛け ©ABEMA
南1局 内川 リーチ, ツモ, 裏ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南2局 親番の亜樹が[中][西]をポンして、マンズのホンイツに向かう。ここに瑞原が、[二][五][八]待ちで先制リーチ、園田が[二][⑥]待ちで追いかけリーチに踏み切る。園田は高打点だったが、決着は瑞原の[二]ツモアガリ、700・1300で亜樹・園田の加点を防ぐ。

南2局 園田の追いかけリーチ ©ABEMA
南2局 瑞原 リーチ, ツモ 700・1300 ©ABEMA

南3局 瑞原が、ピンフ形の[1][4]を先制テンパイ。これをダマテンに構え、園田の親番を落としにかかる。これを内川からロン、1000のアガリでオーラスに突入する。

南3局 瑞原 ピンフ 1000 ©ABEMA

南4局 親番内川が[中][九][⑤]をポンして[1][4]待ちの先制テンパイをいれる。ここに、4着目の亜樹が直撃を狙って[⑥][⑨]待ちのリーチをかける。ここに内川は[九]を加カン、嶺上牌からは元ドラの[7]が現れる。打点リスクの高い[7]は打ち切れず迂回するが、もう一度[7]単騎待ちでテンパイする。しかし、[南]をポンした園田も[6][9]待ちで追いつく。直後、内川が引いてきたのは亜樹の現物[6]。これは止められず、園田が内川から3900のアガリで決着。瑞原がライバルチームを逆連対に沈めるトップを獲得した。

南4局 亜樹の先制リーチ ©ABEMA
南4局 園田 南, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA
第1試合トップの瑞原 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑞原(Pirates)+63.4
2位 園田(ドリブンズ)+6.9
3位 内川(サクラナイツ)▲19.5
4位 亜樹(風林火山)▲50.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細



第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top