麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【Mリーグ】EX風林火山インタビュー「タッキーの復活は嬉しいし心強い。ファンとチームに優勝を届けたい」

【Mリーグ】EX風林火山インタビュー「タッキーの復活は嬉しいし心強い。ファンとチームに優勝を届けたい」

CABO求人全自動麻雀卓スリム

2019年2月12日にレギュラーシーズンを終えたMリーグ。株式会社テレビ朝日が指名した日本プロ麻雀連盟の二階堂亜樹()、滝沢和典()、勝又健志()の3名のチーム「EX風林火山(@EX_Furinkazan)」は圧倒的な安定感を武器に通算281.7ポイントの首位でファイナルシリーズ進出を決めた。

大和証券Mリーグ2018 レギュラーシーズン 最終結果
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 281.7 80/80
2 ABEMAS 184.6 80/80
3 麻雀格闘倶楽部 39.2 80/80
4 ドリブンズ ▲8.7 80/80
5 Pirates ▲99.2 80/80
6 フェニックス ▲170.1 80/80
7 雷電 ▲227.5 80/80

風林火山は80戦中、4着は僅か10戦。抜群の安定感でレギュラーシーズンを勝ち上がった。

大和証券Mリーグ2018 レギュラーシーズン 個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 476.3 27
2 滝沢(風林火山) 314.8 30
3 寿人(麻雀格闘倶楽部) 228.3 37
4 朝倉(Pirates) 178.8 28
5 近藤(フェニックス) 144.4 24
6 園田(ドリブンズ) 123.2 31
7 黒沢(雷電) 116.9 22
8 前原(麻雀格闘倶楽部) 84.8 27
9 たろう(ドリブンズ) 30.1 29
10 松本(ABEMAS) 22.1 27
11 勝又(風林火山) 15.9 25
12 亜樹(風林火山) ▲49.0 24
13 萩原(雷電) ▲61.0 30
14 茅森(フェニックス) ▲65.4 29
15 小林(Pirates) ▲115.6 27
16 村上(ドリブンズ) ▲162.0 20
17 石橋(Pirates) ▲162.4 25
18 魚谷(フェニックス) ▲249.1 27
19 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲273.9 16
20 瀬戸熊(雷電) ▲283.4 28
21 白鳥(ABEMAS) ▲313.8 26

滝沢は30戦でラスは僅か3回。ラス回避率トップのタイトルも獲得した。終盤戦の2月7日には接戦で首位を争っていたドリブンズ・園田から役満「大三元」をアガりチームの首位の座を確固たるものとした。

2/7 第二試合の滝沢の大三元  ©AbemaTV

勝又も11月20日に今期のMリーグ唯一の三倍満のアガリでの大きなトップで印象を残した。終盤戦では苦戦したものの、レギュラーシーズンをプラスポイントで終えた。解説でも数多く起用され、対局者の意図を汲んだわかりやすい解説が好評であった。

11/20 第二試合の勝又の三倍満   ©AbemaTV

亜樹は序盤戦では好調を維持し個人順位で上位となったものの、中盤から勝ちきれない展開が続き、ラス回数は3回と滝沢に並んで最小回数だったもののトータルポイントは▲49.0ポイントとなった。

2019年2月13日午後 浜松町Mリーグスタジオにてプロ麻雀リーグ「Mリーグ」2018のファイナルシリーズ記者会見が行われ、その中で各チームメンバーのインタビューも行われた。

左から滝沢和典、二階堂亜樹、勝又健志

長年日本プロ麻雀連盟で共に戦い、入会期も近い3名。お互いの事をよく知る3名はどうやってレギュラーシーズンを戦い抜いたのか。

>>次ページ EX風林火山チームインタビュー!

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top