麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【Mリーグ】赤坂ドリブンズインタビュー「優勝という位置に自分のチームがいないことが悔しい。来シーズンこそ優勝争いに絡めるポジションにいられるように、序盤から頑張りたい」

【Mリーグ】赤坂ドリブンズインタビュー「優勝という位置に自分のチームがいないことが悔しい。来シーズンこそ優勝争いに絡めるポジションにいられるように、序盤から頑張りたい」

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

2021年5月18日にファイナルシリーズを終えたMリーグ。最高位戦日本プロ麻雀協会の園田賢@sonodaken)、村上淳@zunzuntantan)、鈴木たろう@SuzukiTaro_npm)、丸山奏子(@pinpin_maruko)の4名のチーム「赤坂ドリブンズ(@AkasakaDrivens)」は昨シーズンのレギュラーシーズン敗退という雪辱を果たすべく、臨んだ今季。ファイナル進出を果たしたものの、4位という結果で入賞とはならなかった。

ファイナルが行われたその日、全チームに取材が行われた。

表彰式の様子 ©ABEMA

感染予防のため、取材中は選手、取材陣ともにマスク必着。写真撮影時のみ、選手はマスクを外している。

赤坂ドリブンズインタビュー

──今シーズンと、今日の決勝についての振り返りをお願いします

園田「スタートがすごく良かったんですよね。ただ、あのときちょっと調子乗っちゃったかなとは思っていて『このままだと1000ポイント行っちゃうね~』なんて言ってたらズルズルと……。一時期はレギュラーで敗退というところまで行ってしまいました。そこからなんとか取り返したんですけど、ファイナルはずっと辛い展開が続いて、ドリブンズとして爪痕を残すことはできませんでした。ファイナルの最後こそ村上さんがトップとってくれましたけど、それまで一回もトップが無く、こうしたらトップとれた、っていうのもなかなかなくて、惜しいところまでも行けないっていう感じで、本当に悔しいファイナルでした」

村上「ファイナル行けたらなんとなく勝てるんじゃないかと、楽観的に思っていたんですけど、僕らのやりたいことを風林火山が完全にやってまして。正直、ファイナル開始時、3位4位でも通過すれば結構優勝できるんじゃないかと思ってたんですけど、そんなに甘いものではなかったです。ただ、最後まで戦いきれた実感はあります。最終戦については賛否両論あったとは思いますが、あの半荘みたいなことがもっとあれば、普通に優勝できる力があるので、来シーズンこそ優勝争いに絡めるポジションにいられるように、序盤から頑張りたいと思います」

たろう「今シーズンは序盤良かったんですけど、今年に入ってからからダメになって、今めちゃくちゃ悔しい思いをしています。役満をアガったりして爪痕を残せたのは良かったんですけど、やっぱり優勝という位置に自分のチームがいないことが悔しいです。振り返ると、もっとなんとかできたんじゃないかっていう気持ちもありますので、その気持ちを持って来シーズン臨みたいと思います」

丸山「チームのことは皆さんがお話してくださったので、個人的なお話をすると、昨シーズンずっと苦しかったのと比べて、今年は最初順調だったので、今年は違うぞと思っていた矢先に、ちょっとずつ成績が落ちていってしまいました。昨シーズン1回しかトップがとれなくて、ずっとその後も成績が振るわなくて、今年こそはと思って自分を奮い立たせていたんですけど、ラスも多く、ポイントを減らす要因になってしまったということを自分では実感してます。もう少し違う選択ができていたら、ラスは回避できたんじゃないかと思い当たる部分はあったので、それがすごく悔しいです。セミファイナルでも初戦トップをとれたんですけど、次の試合で焦りが出て、大きなマイナスに繋げてしまう麻雀を打ってしまいました。本当にチームの人に申し訳ないと思っていて、でもファイナルに進むことができて、ふがいない自分をファイナルまで連れて行ってくれた、チームのみんなに感謝の気持ちを持ってファイナルでも試合に挑みました。でも結果は3着で、レギュラーからファイナルまで通して、ポイントを持ってこれなかったことはすごく悔しいと思っています。成長してチームに貢献したいです」

──今シーズンの振り返りと来シーズンについて、越山監督お願いします

越山監督「振り返りは選手の皆さんが語ってくれたとおりです。ファイナルに進んだときに、結果的には僕らよりファイナル進出時ポイントが少ない風林火山が優勝しました。偶然かはわからないですけど、3年連続ファイナル出場時4位のチームが優勝ということは、改めて、レギュラーシーズンの90試合と、セミファイナルの16試合は、サバイバルマッチというか、ファイナルにいることが大事だと実感できました。それが来シーズンの基軸になると思います。Mリーグはチーム戦ですが、ラグビーやアメリカンフットボールみたいに、4人で陣形を組んで戦うゲームではなくて、結局試合に出るときはバッターボックスに立つ打者とか、ピッチャーマウントに立つピッチャーみたいなもので、結局一人一人がそのチームを代表して出るっていうスポーツだと思うんですよね。そうすると個々の研鑽がすごく重要で、そこに関しては信用していますが、少しでも勝てるチャンスが増えるように、たくさん練習して、優勝できるチームにしていきたいと思います」

©Mリーグ All Rights Reserved.

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top