麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
仕掛け屋小林の意外な!?国士無双!RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第1節 5、6回戦レポート

仕掛け屋小林の意外な!?国士無双!RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第1節 5、6回戦レポート

BULL2021求人ニルウッドカバー

2/6(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第1節 5、6回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

5回戦の対局者は、起家から順に

石橋 伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

小林 剛(麻将連合(μ))

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

4回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_1

 

開局早々、オヤの石橋が5巡目にポンテンの12000。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_2

オタ風の北を1鳴きとあらば、警戒心も芽生えるが、このポンテンはさすがにわからない。

ババを引いたのは小林。ツモ切りで12000放銃となった。

 

すると、東2局では、オヤの瀬戸熊が4000オール。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_3

これで早くも持ち点が1万点を割ってしまったのは小林。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_4

 

この後、小林もマンガンツモで追い上げるも、オヤ番では發をポンして打

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_5

石橋のリーチに放銃して8000を失点してしまう。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_6

石橋は長考して切りリーチだったため、例えばドラが絡むなら、迷わず切りリーチになるとの読みもあっただろう。

ところが、石橋の手は、が極端に薄いの形であった。少し予想外だっただろうか。

 

そして、南入して小林に舞い降りたのがこの配牌である。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_7

9種11牌の配牌から、小林は少考後にを切っていった。

国士1本に絞る1打である。

仕掛けを多用する小林が国士を狙うのは、意外だろうか?

私は、全く意外という感じはしない。

実は、国士という手役には、河の作り方が仕掛けに似たところがあるからだ。

国士を悟られて先に必要牌を切られないように、かといって危険牌を先に切りながら、進めなければならない。

この進行は、仕掛けに通ずるところがあると思うのだ。

 

第1打をでボカした小林は、先切りのを6巡目まで引っぱって手出しする。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_8

この引っぱりで、国士はおろか、チートイツにも的を絞らせない。

234三色を狙ったメンツ手の可能性も残る捨て牌である。

というより、そうなるように切っている。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_9

そして、ここで生牌の。これで、印象が若干チートイツに寄ったかもしれないが、メンツ手もまだ消えたわけではない。

 

そんな、何をやっているのかわかりにくい小林に対してはほぼマークしていなかったであろう石橋が、オヤで意気揚々とリーチ。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_10

 

ここに、今2枚切れになったばかりのを切って小林も追いついた。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_11

道中で1枚切れのをツモ切っているため、ここで序盤から2枚切れとなっていたを打ち出すと、チートイツに疑問を持たれてしまう。

ここまできたら、で最後までボカし、相手の失投を誘った。

 

そして、そのときはやってくる。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_12

石橋が、4枚目のを掴んだ。

すると、小林が、いつものトーンで手牌を倒す。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_13

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_14

小林の切り順によらず、石橋はリーチしたのかもしれないが、小林の遅そうな捨て牌が、石橋の背中を押していたは間違いないだろう。

かくして、RTDリーグ史上初の役満は、小林の手によって成就されたわけであるが、前半の失点が響き、小林は結局オーラスにオヤの藤田にまくられてしまう。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_15

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_16

それでも、ラスからであれば、2着十分といった感じで、「オーラス、3着まで落ちなくて良かった」と、小林は安堵した。

 

6回戦では、内川・勝又のアガリ合いとなったが、最後に村上の失投を捕えた内川がこの8000でトップを決めた。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節5-6回戦_19

第1節を終え、藤田が1人3ケタの首位発進。

「初日は様子見」と言っていた藤田だが、この結果には満足げにインタビューに応えていた。

■次回2/9(木)21:00からは、BLACK DIVISION第1節をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8TgSwsxXA3186b

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top