麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
勝又がトップでトータル170ポイントに、猿川もトップで準決勝争いに近づく/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 43/44 回戦

勝又がトップでトータル170ポイントに、猿川もトップで準決勝争いに近づく/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 43/44 回戦

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 RTDリーグ2018のWHITE DIVISION43・44回戦が6月25日に放送され、43回戦は勝又健志がトップ。44回戦は猿川真寿がトップとなった。

 43回戦はトータル1位の鈴木たろう、トータル2位の佐々木寿人、トータル3位の勝又健志、トータル7位の和久津晶の対戦。たろうが東1局で35100点持ちまで素点を伸ばすも、その後は小場で進んだ展開。和久津がトップ目で進行したが、南3局に勝又が役牌雀頭のペンをダマテンにとり、その後役牌をポンしての技ありのあがりでトップ目に浮上。オーラスはたろうがラス目から3着目に浮上するあがりを決め、勝又がトップとなった。是が非でもトップが欲しかった和久津は辛くも2着となった。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 43回戦
順位 選手名 ポイント
1 勝又健志 51.4
2 和久津晶 10.9
3 鈴木たろう ▲19.3
4 佐々木寿人 ▲43.0

  44回戦は、トータル4位の鈴木達也、5位の猿川真寿、6位の平賀聡彦、8位の石橋伸洋の対戦。東1局にいきなり大きな勝負親の石橋のタンヤオ・平和リーチと平賀の三色リーチ、猿川のドラ2の高め三色リーチというめくりあいを猿川が制し3000・6000。親被りとなった石橋がラス目のまま進行するが、南2局に立直・ツモ・ドラ1・裏1の2000・4000の一本場の大きなあがり2着目に浮上。猿川は最後まで攻めを緩めずオーラスもリーチに踏み切り平賀から5200のあがり。大きなトップでトータルのマイナスを▲71.2ポイントとし、トータル4位の達也に大きく迫った。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 44回戦
順位 選手名 ポイント
1 猿川真寿 64.6
2 石橋伸洋 5.1
3 平賀聡彦 ▲23.3
4 鈴木達也 ▲46.4
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION TOTAL 42/54
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 306.3
2 佐々木寿人 278.5
3 勝又健志 177.3
4 鈴木達也 ▲61.3
5 猿川真寿 ▲71.2
6 平賀聡彦 ▲173.7
7 和久津晶 ▲217.1
8 石橋伸洋 ▲238.8

上位4人は準決勝進出、7位は入れ替え戦、8位は自動降級となる。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top