麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
内川がトップで準決勝争いへ瀬戸熊もトータル100オーバーに/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 45/46回戦

内川がトップで準決勝争いへ瀬戸熊もトータル100オーバーに/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 45/46回戦

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION45・46回戦が7月9日に放送され、45回戦は内川がトップ。46回戦は瀬戸熊がトップでトータルポイントを107ポイントとし、準決勝争いで大きく抜け出した。

 45回戦は1位の小林、4位の萩原、5位の内川、6位の多井の対戦。東場は小林と内川が細かいあがりを重ね、東4局に大きな勝負所。多井の先制リーチに、親の萩原がドラのを切って高め三色の追いかけリーチ。そして内川が高めタンヤオ、だが安め役無しの聴牌。思い切ったリーチに踏み切り先制リーチの多井からを一発であがり裏3。リードを得た。追いすがったのは萩原。南2局にリーチ・ツモ・七対子・裏2の3000・6000のあがりで内川に肉薄。オーラスは4300点差まで詰まっていたが、内川が七対子のあがりを決めトップを死守した。多井はまたも厳しいラスとなりトータルのマイナスポイントが200を越えた。内川は4位の萩原まで1.8ポイント差と準決勝進出を視界にとらえた。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 45回戦
順位 選手名 ポイント
1 内川幸太郎 58.5
2 萩原聖人 12.6
3 小林剛 ▲25.1
4 多井隆晴 ▲46.0

  46回戦は2位の白鳥、3位の瀬戸熊、7位の松本、8位の村上の対戦。東2局の親番で瀬戸熊が大きく連荘。東1局であがりを重ねた白鳥から12000を直撃するなど50000点近くまで素点を伸ばした。しかし、松本と白鳥も大きなあがりを決め食い下がり、南4局の親番で松本が1300オールのあがりで一旦瀬戸熊を逆転する。しかし1本場でリードを広げにかかりリーチに踏み切ったが白鳥の追いかけリーチに放銃。このあがりで瀬戸熊がトップに浮上。白鳥は2着。松本は3着となった。村上はことごとくあがりに結びつかず厳しいラスとなり苦しい終盤戦となっている。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 46回戦
順位 選手名 ポイント
1 瀬戸熊直樹 55.6
2 白鳥翔 15.0
3 松本吉弘 ▲7.4
4 村上淳 ▲63.2
RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION TOTAL 46/54
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 560.2
2 白鳥翔 265.2
3 瀬戸熊直樹 107.0
4 萩原聖人 ▲60.0
5 内川幸太郎 ▲61.8
6 多井隆晴 ▲209.3
7 松本吉弘 ▲225.2
8 村上淳 ▲376.1

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top