麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
小林剛が逆転優勝!来期からはRTDトーナメントに/ RTDリーグ 2018 FINAL 最終日

小林剛が逆転優勝!来期からはRTDトーナメントに/ RTDリーグ 2018 FINAL 最終日

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

RTDリーグ2018のFINAL 最終日が11月03日(土)に放送された。

決勝は準決勝を通過した4選手 鈴木たろう 小林剛 内川幸太郎 瀬戸熊直樹 で行われた。システムはRTDルール(一発裏あり、赤なし、25000持ち30000返し、ウマ10-30)での4回戦を2日間、計8回戦で優勝を争った。

1日目は内川が111.7ポイント、小林が22.8ポイント、たろうが12.4ポイント、瀬戸熊が▲148.9ポイントとなった。

1日目のリードを活かして逃げ切りたい内川だったが、2日目は苦戦を強いられた。

5回戦目は瀬戸熊がトップで内川がラスに。


そして6回戦目ではたろうが瀬戸熊からの1000点のアガリを見逃してツモあがる場面があり、それが響いて内川は100点差のラスで連続ラスとなってしまい、遂に小林にかわされてしまった。

7回戦目は瀬戸熊がトップで残りの3名が競っている南3局で小林が内川からホンイツの満貫のあがりを決め、小林が2着、内川が4着となった。

最終戦は小林が69.9ポイント、たろうが8.4ポイント、内川が▲21.6ポイント、瀬戸熊が▲56.7ポイントという状況で始まった。

内川は小林と91.4ポイント差。トップラスなら11500点差。トップ3着なら31500点差をつければ優勝となる。内川が大きなトップ目に立ち優勝条件を満たしたまま終盤戦まで進んだ。しかし南3局、小林とたろうのラス争いとなっていたが、小林がたろうからダブ南チャンタの8000の直撃。これでほぼ3着を確定させた。オーラスの内川の条件は1300・2600以上のツモあがり、出アガリであれば8000となっていたが、聴牌は入らず流局となり、小林の優勝となった。

優勝した小林は「リーグ戦はリードを維持したまま進めましたが、準決勝、決勝は苦しかったです。最後の最後まで楽はさせてもらえないと思っていました。本当に大事なところで恵まれた手(南3局のダブ南チャンタ)が来てくれて、幸運でした。1年間ずっとご覧になってくださった方々、番組関係者の方々本当にありがとうございました。」と感謝を述べた。

エンディングトークにてRTD張敏賢氏から、現行のRTDリーグは今シーズンで終了となり、今後はMリーグのオフシーズンに「RTDトーナメント」として開催されることが発表された。これについての続報にも注目が集まる。

RTDリーグ 2018 決勝結果
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 49.8
2 内川幸太郎 42.9
3 瀬戸熊直樹 ▲46.0
4 鈴木たろう ▲46.7

 

■最新情報はAbema麻雀公式Twitter(@abema_mahjong)で随時ご確認ください

関連記事

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top