麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
猿川真寿がトップ2着の好スタート 鈴木達也が意地のトップで食い下がる/ RTDトーナメント2019 グループA 1,2回戦

猿川真寿がトップ2着の好スタート 鈴木達也が意地のトップで食い下がる/ RTDトーナメント2019 グループA 1,2回戦

CABO求人全自動麻雀卓スリム

『藤田晋 invitational RTDトーナメント2019』の開幕戦であるグループAの1回戦、2回戦が5月12日(日)に放送された。

対局メンバー

朝倉ゆかり(日本プロ麻雀協会)(初出場)
小林剛(麻将連合)
猿川真寿(日本プロ麻雀連盟)
鈴木達也(日本プロ麻雀協会)

1回戦

東3局に絶好の3面張リーチで2000・4000をツモった猿川がリードしたが、東4局に小林が猿川から8000を直撃し接戦となり南入。

しかし南場は猿川の独壇場に。南1局で猿川が達也から8000をアガりリードを広げて迎えた南2局の親番で、赤1でドラを雀頭としたペンの一気通貫をリーチ。見事にツモり裏2で8000オール。一気に大きなトップをゆるぎないものとして逃げ切った。

2回戦

1回戦で大爆発した猿川が引き続き好調な東場。東1は朝倉が小林との2軒リーチを制して2000・4000をツモるスタートとなったが東2局に朝倉のリーチを受けながらも猿川が赤2の手で形式聴牌を入れる、しかし海底のツモ番望外のアガりをものにして2600オールの加点。そして1本場でドラのを暗刻、更に赤2の手をツモり6000オール。連勝に大きく近づいた。

しかしその次局から達也が反撃。東2局2本場の2000・4000のアガリを決めると、東4局の親番でも2軒リーチを制して小林から7700のアガリ。その次局も2600オールをアガり猿川まで2100点差と迫り、その次局は朝倉が猿川からアガり達也がトップ目となり南入。

その南1局、達也は大三元を見ながら、オタ風のを仕掛けて2600の聴牌だったがこれを取らず、大三元変化を狙った。

その後親の小林からリーチを受け、索子でまわるもホンイツで再度聴牌。これをツモり2000・4000。これが決定打となりこの試合のトップを手にした。まさかの配牌に一枚もない索子でのホンイツを仕上げ、まさにファンタジスタと言える1局だった。

2回戦終了時点の成績

猿川は連勝こそならなかったものの2戦で100ポイントをプラスして2位以上はかなり堅くなった。このまま首位で準決勝進出を狙う。

小林、朝倉はやや厳しい立場となったがまだ連勝すれば+圏内。勝負はまだまだわからない。

■最新情報はAbema麻雀公式Twitter(@abema_mahjong)で随時ご確認ください

©AbemaTV

関連記事

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top