麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
鈴木達也がグループ首位で準決勝に、2018王者の小林剛がまさかの敗退/ RTDトーナメント2019 グループA 3,4回戦

鈴木達也がグループ首位で準決勝に、2018王者の小林剛がまさかの敗退/ RTDトーナメント2019 グループA 3,4回戦

CABO求人全自動麻雀卓スリム

『藤田晋 invitational RTDトーナメント2019』の開幕戦であるグループAの3回戦、4回戦が5月19日(日)に放送された。

対局メンバー

朝倉ゆかり(日本プロ麻雀協会)(初出場)
小林剛(麻将連合)
猿川真寿(日本プロ麻雀連盟)
鈴木達也(日本プロ麻雀協会)

2回戦終了時点のポイント

RTDトーナメントグループA1,2回戦結果

3回戦

ここまで好調の猿川が東1局にドラ1のカン待ちを先制立直。これをツモって裏も乗り2000・4000で快調な滑り出し。

しかし東2局2本場で供託も3本出ている状況、小林が4巡目にタンヤオ・平和・高めドラのリーチ。それを受けて親の達也がダブ東を暗刻としたドラ1の7700聴牌をダマテン。先制リーチの小林の現物で待ち構える。

見事猿川からの直撃に成功。これで大きなトップ逆転となる。

東2局2本場 達也の7700のアガり ©AbemaTV

続く3本場も平和・ドラ1・赤1の手をリーチ。ツモって裏1で6000オールとなり一気にリードを広げた。

東2局3本場 達也の6000オールのアガり ©AbemaTV

その後朝倉と小林が原点付近まで巻き返し、猿川は一時4700点持ちまで沈んだものの、東4局とオーラスに2度の一発ツモの2000・4000を決めて2着に浮上。達也から引き離されずに最終戦を迎えることとなった。

各順位で価値が違う為、4回戦は達也と猿川、朝倉と小林の明確な着順勝負となった。

4回戦

首位通過を争う達也と猿川がいきなり東1局に2軒リーチ。海底間際に猿川が達也の当たり牌を掴み8000の直撃、達也にとっては大きなリードを得た。

東1局 達也の8000のアガリ ©AbemaTV

しかしその後猿川が徐々に差を詰め、東4局3本場供託5本の状況でラス牌をツモり2000・4000。一気にトップ逆転した。

東4局3本場の猿川の2000・4000 ©AbemaTV

猿川が微差でトップ目のままオーラスを迎えたが親の達也が早いリーチで小林から7700のアガリ。これで達也は猿川をかわしてトップ目に。そして小林と朝倉の差も大きく縮まった。

南4局2本場の達也の7700 ©AbemaTV

朝倉は1000・2000、出アガリは5200以上で小林をかわす点差。猿川も1000・2000か6400以上で達也をかわす点差の最終局。タンヤオ一盃口の聴牌が入った朝倉はリーチに。

猿川も仕掛けて裸単騎のドラ単騎の聴牌に辿り着いた。

最終局の猿川の聴牌 ©AbemaTV
最終局の朝倉のアガリ ©AbemaTV

どちらも引けない勝負は朝倉に軍配。

RTDトーナメント本戦のシステム

グループAは達也が1位で準決勝進出。猿川がクオーターファイナルA、朝倉がクオーターファイナルBに進出。前年度RTD王者の小林が敗退となった。

来週からはグループB、内川幸太郎、勝又健志、金太賢、萩原聖人の対局となる。

■最新情報はAbema麻雀公式Twitter(@abema_mahjong)で随時ご確認ください

©AbemaTV

関連記事

RTDトーナメント本戦組み合わせ

RTDトーナメントサバイバルマッチ結果

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top