麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
麻雀最強戦の歴史に残る大激戦!死闘を制して白鳥翔がファイナルに進出/麻雀最強戦2019 男子プロ代表決定戦 悪魔の逆襲

麻雀最強戦の歴史に残る大激戦!死闘を制して白鳥翔がファイナルに進出/麻雀最強戦2019 男子プロ代表決定戦 悪魔の逆襲

CABO求人ニルウッドカバー

8月25日(日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2019」の男子プロ代表決定戦「悪魔の逆襲」が行われた。

配信ページ

Mリーガー6人を含む強豪揃いの戦いとなった本日のメンバー。開始前から注目度の高い戦いとなった。

予選はA卓から多井隆晴と猿川真寿、B卓から勝又健志と白鳥翔が勝ち上がった。

決勝戦は序盤に猿川がリードしたが、白鳥が東3局にリーチ・ツモ・東・ドラ3の3000・6000でトップに浮上。

東3局 白鳥の3000・6000 ©AbemaTV

その後東4局1本場に序盤苦しんでいた多井が猿川から16000のアガリ。白鳥が3者からやや抜け出した立場となる。猿川のタンヤオ・平和・三色のリーチ宣言牌を捉えた多井のリーチ・純チャン・三色・ドラ1・裏1のアガリとなった。

東4局1本場 猿川の聴牌 ©AbemaTV
東4局1本場 多井の16000 ©AbemaTV

南1局に親番を迎えた白鳥は勝又からのリーチ・一発・平和・ドラ1・裏1の12000のあがりを1本場に決める。2本場でも猿川から5800をアガリ2着目の多井3万点以上のリードを得た。

南1局1本場白鳥の12000 ©AbemaTV

しかし南2局に親の猿川が逆襲。南2局5本場に6000オールをアガり白鳥まで8300点差の2着目まで迫った。6本場ではドラ暗刻の四暗刻イーシャンテンだったが勝又と白鳥の2軒リーチに的確にオリを選択して点差をキープしたまま親を落とした。

南2局5本場 猿川の6000オール ©AbemaTV

南3局7本場という親番を迎えた多井は7200点持ち。そのときの白鳥は51200点持ちとその差は44000点差。しかしこの親番でいきなり6000オール。

南3局7本場 多井の6000オール ©AbemaTV

次局の8本場に3900(6300)、9本場に5800(8500)をアガり遂に白鳥をかわしてトップ目に立った。

10本場では多井と猿川の2軒リーチで流局。その後の11本場では更に勝又と白鳥のリーチがかかったところで猿川が300・500(1400・1600)のアガリでオーラスに満貫条件まで詰め寄り大熱戦となった。

南3局11本場 猿川の300・500 ©AbemaTV

南4局に親番を迎えた勝又はリーチ。この局猿川がチンイツ・リャンペーコー・ドラ2の聴牌。単騎の選択もあっただけに悔しい1局となった。

南4局の流局 猿川の逆転手は実らず ©AbemaTV

南4局1本場は勝又が2600オールのアガリ。その後の2本場下記状況。白鳥は3200以上の出アガリ、1600以上の直撃、700・1300以上のツモが条件となった。

南4局2本場の時点の点棒状況 ©AbemaTV

白鳥は対子が多い配牌からをポン。待ちとなった。このシャンポンは山にはなかったが多井が聴牌を目指して前進。が多井から放たれ白鳥が土壇場での一局を制して再逆転を決めた。

南4局2本場 白鳥の2600 ©AbemaTV

自身初のファイナル進出を決めた白鳥は「最初に走ることができたので、あとは局を進められれば勝てるんじゃないかと思いましたが、勝又さんは手が入りませんでしたが猿川さんも多井さんも6000オールをアガって行き、何なんだこの人達は、強すぎるだろと思いました。やっぱり麻雀は面白いなと改めて感じました。寿命が縮む思いをしましたがファイナルに進出できて本当に嬉しいです。ファイナルも応援よろしくお願い致します。」と語った。

次回は9月1日(日)13時より「著名人代表決定戦 技」がAbemaTVにて放送。おなじみの雀豪に加えて矢野優花さん、モト冬樹さん、元JUDY AND MARYのTAKUYAさんが初参戦となる。

著名人代表決定戦 技 対局者 ©AbemaTV

 

関連URL

麻雀最強戦HP

岩﨑真が終盤に抜け出し激戦を制して優勝 2年連続で最強戦ファイナルに進出

水口美香が優勝 麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント結果記事

金子正輝がシーソーゲームを制して悲願の初ファイナル進出

最強戦ガールズとアシスタント告知記事

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top