麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
全国デカ盛りの旅2周目 第3回:熊本県

全国デカ盛りの旅2周目 第3回:熊本県

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 2-3-1-min

 お好み焼きと聞くと大半の方は大阪か広島をイメージされると思いますが、九州には九州の「お好み焼き」があります。今回は熊本県荒尾市の「高専ダゴ荒尾本店」にお邪魔しました。ダゴとは地方のお好み焼きの呼び名です。

2-3-2-min

 その昔、有明高専の学生を相手にお好み焼きを提供していたところ、食べ盛りの学生から「俺も俺も」と次々に注文が来たため当時の店主が面倒くさくなって一枚の大きなお好み焼きを作ったことが「高専ダゴ」の始まりだそうです。学生の集まるお店にデカ盛り有りはここでも健在のようです。一番量の多い「スペシャル」も実は更に大盛りにできると聞いていたので今回はそれをオーダー。スペシャルは「3人前」だそうですが…

2-3-3-min

 縦30cm。横50cmのお好み焼き的な何か。3人前どころじゃありません。これだけの大きいお好み焼きをお店の方がいとも簡単にひっくり返すのも見物です(たまに失敗するそうですが(笑))。

 ソースは甘口と辛口があるので半々ずつ。ソースを塗った上に魚粉をたっぷり。その後セルフで青海苔とマヨネーズをかけて完成です。

 以前いただいた時はあまりのデカさに圧倒されましたが、それから既に7年。巨大メニューを見慣れた今となっては、まあこんなものかなという感じ。慣れって恐ろしいですね(笑)

 これだけ大きいのをひっくり返す必要があるのもあり、お好み焼きのふんわり感はあまりなく、外側はパリパリ、中はモチモチした食感。生地の甘味と大量の魚粉の旨味がよく合います。博多の「ふきや」もこんな感じなので、九州のお好み焼きの特徴と言えそうです。大阪とも広島とも違う、「お好み焼き」ではなく、まさに「ダゴ」なのかもしれません(笑)

 粉もんはお腹にたまりますが、「ダゴ」は他のお好み焼きと比べても特にズッシリしているので量以上にお腹にこたえます。半分くらい食べたところで既に満腹感が出てきましたが、お姉さん達の声援を受けながら食べ進めていきます。

2-3-4-min

 総重量は約3kg。胃袋にはまだ余裕がありますが、やはり粉もんの大食いはお腹が膨れて飽きもきやすいので量以上にきつかったですね。ご馳走様でした。

【店舗情報】
高専ダゴ 荒尾本店

▼住所
熊本県荒尾市下井手495

▼営業時間
11:30~21:00

▼定休日
木曜日

▼食べログ
https://tabelog.com/kumamoto/A4303/A430302/43000715/

赤で塗りつぶしている箇所は既に旅した都道府県になります。
今回は熊本県を攻略しました。あと44都道府県を巡ります。

map2-3-min

 都道府県別の目次はこちら

 【熊本県の雀荘情報】
麻雀 RIO(リオ) 熊本店   
リーチ麻雀 さかえ 熊本店   
麻雀バンク   

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top