麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
全国デカ盛りの旅3周目 第35回:愛媛県

全国デカ盛りの旅3周目 第35回:愛媛県

CABO求人MEWS

全国デカ盛りの旅3周目:愛媛県

愛媛県では愛大医学部そばの洋食店「カフェレストマーズ」を訪問。大学そばの学生御用達のお店にデカ盛り有り。このセオリーは全国どこでも通用するかもしれません。

デカ盛り店あるある「並盛りより下に刻んでいる」。 (バカッ……!頼むなっ!その図体で・・・レディースサイズ・・・!) という声がどこからか聞こえてくるようです。料理がカツで、サイズ毎にお店からのメッセージがついている…某漫画の元ネタがこのお店なのかもしれません。

そして「大盛り」がこちら。レギュラーの2倍、レディースの実に6〜10倍。注意書きにレギュラーサイズを完食した人のみとありますが、確実に食べきれると見栄を切ってオーダーを通します。店員さんの「大丈夫ですか?」の言葉に某漫画のごとく、「舐めるなっ!持ってこい!大盛り……!」 と心の中でつぶやきましたが、「揚げあがるのにお時間がかかりますが大丈夫ですか?」の意味でした(笑)

内観はデカ盛り店とは思えないほどお洒落で、客層も女子大生がメイン。メロンやマンゴーといったフルーツを丸ごと使ったパフェもこの店のウリの一つ。大きなパフェを目の前にして上がる歓声を聞いて、私も追加で食べたいとも思うのですが、流石に自粛しておきます(笑)

ご飯大盛りにしたにもかかわらず小盛りに見えるサイズ感。もも肉のチキンカツはサクサクジューシーというよりしっとりとしていて食べやすいタイプ。濃厚なとんかつソースに加えタルタルソースが大量にかかっているのも個人的に嬉しいところ。チキンカツよりトンカツ、鶏を揚げるなら唐揚げを優先しがちな私ですが、このチキンカツは今まで食べた中でも一番美味しいまである逸品でした。御馳走様です。

…実はここまでは前座。本当の目的はこちらのチャレンジメニュー。メガチキンカツ完食で権利を得たので、早速翌日に挑むことにしました。

45分一本勝負。カレー3kgならこれまでも食べてきましたが、ルーは固形のキーマタイプ。具は1kgのチキンカツということで、同じ3kgでも食べにくさが段違い。一筋縄ではいかなそうです。

まずは後半残るとキツくなるチキンカツを一通り食べてしまいます。前日で分かっている通りクオリティの高いチキンカツ。より食べやすくなるようにキーマカレーと合わせて食べ進めて10分ほどで制覇。キーマカレーは肉、野菜をたっぷり使って甘味があるタイプ。柑橘系の香りがしましたが、これはどうやらカルダモンというスパイスのようです。ほとんど注文されないであろうチャレンジメニューにもかかわらず作りがかなりの本格派。これもデカ盛り、大食いの店あるあるかもしれません。

後半からスパイスの辛さがキツくなってきてペースを落としますが、それでも34分で何とか完食。1年以上前からチャレンジしたかったメニューだったこともあり感慨深いですね。完食特典ということでお店オリジナルのバッジや、次回食事無料券をいただきましたが、明日も控えているので残念ながら無料券を使うことはできませんでした。これは大食い遠征あるあるですね(笑)2日続けて御馳走様でした。

店舗情報

カフェレストマーズ

▼住所

愛媛県東温市志津川393-5 レジデンスマーズ 1F

▼営業時間[火~金]
12:00~15:00(14:00オーダーストップ)
18:00~24:00(23:00オーダーストップ)
[土・日・祝]
12:00~15:00(14:00オーダーストップ)
18:00~22:00(21:00オーダーストップ)

日曜営業

▼定休日

月曜日

赤で塗りつぶしている箇所は既に旅した都道府県になります。
今回は愛媛県を攻略しました、残り12都道府県となります。

 ▼これまでの目次はこちら

愛媛県の雀荘情報

https://mj-king.net/tokushuses/prefs/38

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top