麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第2回 ネマタの雀魂日記

第2回 ネマタの雀魂日記

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

三麻の醍醐味と言えば、やっぱり派手な大物手が飛び交うこと。ルールにもよりますが、役満の出現率は実に四麻の約10倍。海外勢にとっては「麻雀といえば四麻」という先入観が薄いので、ダイナミックな展開になりやすい三麻はなおのこと面白いと感じる方が多いかもしれません。

しかし、点数計算の仕組みに関しては四麻と同じ。4翻の満貫手が最も効率が良く、満貫ならリーチとドラだけでも容易に達成できます。派手な大物手を狙ってくる相手を尻目に、そこそこ打点のあるアガリを積み重ねることが、三麻で勝つためのコツと言えるでしょう。

勿論、役満が四麻より遥かに出やすいのは事実なので、役満狙い以外が考えにくい目立つ河の他家には相応のケアが必要。「一見いかにもなさそうでも、有り得ないことを全部取り除けば残ったものが真実。」 まさかこれはないだろうと決めつける前に、これじゃなかったら何なのかを考える癖をつけておきたいものです。

雀魂牌譜

東1局からポンされ何やら不穏な雰囲気。ホンイツでもなさそうなうえにドラのリャンメン手出しとなればいかにも役満、はターツ落としの途中で引いて安牌になりやすいから残されたものでしょう。

と何かのシャンポン。自分の手の内で当たらないのはアンコののみ。とりあえずを切って七対子に決めようと思った矢先に持ってきた。一瞬七対子受けのために残すことも考えましたが、にラグがかかって、「まさか」と思ったらまさにそのまさか。安めなので32000で済みました(笑) 字一色も狙えるが故の手順だったということも踏まえると、待ちもケアしてしかるべきだったかもしれません。

役満放銃にもかかわらず次局はダブリーの手牌。しかし打点が必要なのをふまえて3メンチャンではなくのシャンポンを選んだのが裏目。あえなく飛んでしまうこととなりました。この飛びラスで雀士0ptになりました。雀士には降格がないのでマイナスになる分は切り捨て。だいぶ得しましたね(笑)

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter


この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top