麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
第4回 ネマタの雀魂日記

第4回 ネマタの雀魂日記

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

四人麻雀では日本サーバ初の魂天が誕生しました。

最初の魂天になられたハピリットさんとは実は四麻で一度同卓していて、その時は別の他家が別の他家から四暗刻単騎(雀魂ではダブル役満扱い)をアガってあっと言う間に半荘が終了しました。

魂天になるために必要なのは麻雀の技術だけでなく、不調を引いても諦めず根気よく打ち続ける忍耐力。三麻ランキングでは早くもトップ集団からかなり出遅れてしまいましたが、試合数だけは負けていません。三麻は実力も出やすいですが、四麻以上に好不調が激しいゲーム。三麻天鳳位の戦術本でも書かれていた「鈍感力」で体力の続く限り粘りたいものです。

雀魂牌譜

三麻では劇的な逆転劇は日常茶飯事。早速役満1回だけなら十分耐えられるほどのダントツから、役満を2回決められて捲られました。60000点超で2着になったのは初めてかもしれません。

しかしこんな展開でも十分腕の見せ所はあります。最初に四暗刻をツモられたところ。ダンラスの方は親に満貫をツモられてもトビ終了なので、危険牌の対子を落として、少しでも山に残っている可能性が高い対子を残したのはファインプレーでした。

そして2回目の大三元の時も、私はで対面に差し込む選択がありました。実は一旦を切ろうとして、「対面に振る可能性がある」と気づいて止めてしまったのですが、対面に満貫を振ると次局上家に跳満をツモられると捲られますが、点数状況的に余裕を持って逆転を狙える上家の親を流せるというのも大きいです。そして何より、現状が場に枯れておらず、在処はどこかとなった時に上家に大三元が入っていることを想定してしかるべきでした。

ダントツでも油断せずに細心の注意を払う必要があることが多いのが三麻ですが、注意を払うと言っても極力振り込まないように打つとは限りません。固定観念にとらわれず、あくまで局面に応じたベストな立ち振る舞いができるよう心掛けたいものですね。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter


この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top