麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第63回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第63回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

現在の使用キャラである二之宮花ちゃんは麻雀と読書が大好きな女子高生。麻雀も技術書を一通り読み通したそうなので、きっと『現代麻雀技術論』も読んだに違いありません…というのはさておき、彼女の会話の中で出てくる「奈々ちゃん」という女の子が気になっていたのですが…

何と公式から近日プレイヤーキャラとして参戦するそうです。月末に祈願10回分の輝石が貯まるので、その時にでも当たればいいですね。

雀魂牌譜

東1局

のみ手悪形リーチ判断。これくらいでもアガリ率は即リーチに軍配が上がるとみますが、ツモなら平和に加えて更に1翻増し。4巡目ならツモから一通のような二段階変化も評価に入れてよいとみてテンパイを外しました。

テンパイしたのが1巡遅ければ、両脇の切りからカンの場況が良いとみてリーチしてそうでしたが盛大にアガリ逃し。こうなるとテンパイを外しても手変わりが薄く、猶予もないのでフリテンリーチを打つことが多いです。平和とメンゼンツモで打点が上乗せされるので先程のカンチャンテンパイよりはマシ。出アガリがきかない以上リーチで他家の手を止めてアガリ率を下げた方がよいという判断です。

しかし、打ち筋分析を見る限り、三家ともリーチに対してかなりラフに押してくるタイプ。相手が降りてこないようなら、のみ手カンチャン以上に放銃リスクが高く、レアケースとはいえ振り替えられたはずのドラで振り込むような展開は避けたいということでダマに受けました。私も技術書はたくさん読みましたが、正直分かってないことが多過ぎて自信が持てません。

をツモったところでは残りツモも少なかったのでダマ続行。そこからに振り替わり、最後のツモが。ツモ番が無くなったのでシャンポンに受けると、何と対門がをつかみ河底ドラドラのアガリ。結果的には最高でしたが、本当にこれがよかったのかと言われると相当怪しいですね。

東3局

目立つ仕掛けがいる時こそ目立たない脇もケアすべし。ここから234三色まで仕上がることは滅多にないので、ダマテン自体は読めないとしても当たる組み合わせが少ないからでしょう。マンズが手変わりする前だったので2000点で済みました。

東4局

リャンメンテンパイとはいえのみ手でトップ目が終盤に親リーチに一発で無スジ勝負となると、両スジの切りも考えたくなるところ。しかしそれ以外は安牌と言えそうなものがありません。通ってない牌が多く手牌が危険牌だらけということは、待ち候補が絞れないので危険牌の放銃率自体は低いということ。一度を通せば次巡以降で安全に降りきれるのもあり押し得とみました。

南4局

良形+悪形×2+フォロー牌×3の形は雀頭固定より良形固定。良形+悪形+フォロー牌より、余剰牌が出ても良形×2の1シャンテンに勝るためです。余剰牌が出るかどうかではなく、あくまでより価値の高い手牌になる受け入れを優先します。対門はトイツをみてスジのを切ったものと思われますが、現状以外の雀頭候補がないのでツモが単純にロスになります。切りがいいですね。

から切られていれば対門に逆転されていました。少しの違いが時として大きな差につながるのが麻雀です。それではまた次回。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top