麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第64回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第64回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀聖昇格からお休みしていた三人麻雀ですが、ついに最上卓「王座の間」で打つことができました。とはいえメンバーは全員「雀魂の愉快な仲間たち」所属の天鳳鳳凰民。ptを稼ぐどころか、ギャンブルの世界の有名な格言、「カモが誰か分からなかったら自分がカモである」になりそうな予感しかしません。卓が立ち次第少しずつ打っていこうと思います。

雀魂牌譜

東1局

リーチに降りていたので鳴き無しを解除し忘れてテンパイを取り損ねましたが、テンパイに取っていれば上家に放銃。上家の手出しはリーチの安牌ですが、仮にテンパイが入って切られたものであるならカン待ち残りが想定され、通っていたとしても下家にハイテイを回すことになります。下家のハイテイツモはラス率は下がりますがトップ率はそれ以上に下がり、雀聖☆1なら王座の間はトップとラスの価値が等価。テンパイ料の価値が薄い三麻ならスルーでよかった気がします。

東2局1本場

序盤でいきなりツモり四暗刻テンパイ。問題はリーチするかどうか。一般論として、三麻においては序盤のスジのシャンポンという、四麻ならリーチした方がアガリやすいまである待ちでもダマにした方がアガリやすい。ダマ出アガリでも18000で、ツモれば16000オールなのはダマでも同じ。通常のダマ6翻(リーチツモなら倍満)では局収支上ダマが明確に有利なので、リーチした方が役満でアガリやすいとはいえ基本はダマでしょうか。

しかし、今回は下家が国士かチャンタかチートイツ模様。上家がピンズ一色手模様。はダマでもすぐにはこぼれにくく、もしトイツで持たれているなら、リーチした時だけトイツ落としの降り打ちでアガれる可能性があることになります。よってリーチとしました…と、もっともらしいことを言いましたが正直なところは、「王座の間デビュー戦で親の四暗刻…伝説の幕開けだ!」という、優劣がよく分からなかっので記事ネタにしやすい選択を取ったに過ぎません(笑)

スジや字牌なら出るということもなく、きっちりベタオリされて流局。アガリ牌のうち2枚は王牌でした。結果論としてはダマなら西家に待ちテンパイが入ってがこぼれた公算が高い。オーラスなんとかラス回避出来ましたが、これをアガれていればトップであったでしょうから悔しいところ。身内しか居ない卓だったので、

のスタンプを出すのでありました。まあパフォーマンスみたいなものです(笑)

 

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top