麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第74回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第74回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

ようやく三麻も王座の間で卓が立つようになってきました。当初は、「本場のリーチ麻雀の強さを海外勢に思い知らせる」つもりで始め、魂天になるのも時間の問題だと思っていたのですが、どうやら海外サーバの三麻雀聖勢も天鳳の三麻鳳凰民がぞろぞろいる模様。これからがまさに本当の戦いです。

雀魂牌譜

東3局0本場

3メンチャンを首尾よく一発でツモりましたが、上家は2件リーチに対して満貫テンパイから当たり牌の止め。『データで勝つ三人麻雀』を読んでいれば当然の選択ですが、ここが王座の間なのを改めて実感させられます。

南1局

運良くダントツになれたからと上家のリーチにベタオリしていましたが、ここで2着目対門が通っていないドラの切り。ここでが切られるということは、他にもを持っているので比較的通りやすいうえに、流し満貫を狙える材料が既に揃っているということ。流し満貫を決められれば点差が12000点縮みます。一方ラス目の上家はを持っていないでしょうから、放銃しても12000点よりは低いことが多い。よって差し込みを考えるべきです。

流し満貫にも、差し込みの選択にも気付いてはいたのですが、「今まで経験したことのないタイプの打牌」というのは何かと選びづらいもの。そのままフラフラと現物を切ってしまい、差し込める牌があったにも関わらず流し満貫を達成させてしまいました。流し満貫は流局扱い(親の手牌がテンパイしていれば連荘)だったので、残り2局を凌いでトップを守り切ることが出来ましたが、ただひたすら自分だけが温かった対局。いくら気付いていても、実際に選べなければ意味がありませんね。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top