麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第87回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第87回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

「ドラは恋人、手役(リーチ)は伴侶」と以前申しましたが、雀魂三麻は表赤北だけでドラが10枚もあるので、まさに恋人というよりは浮気相手の印象。何枚も抱えるくらいならドラを切ってアガリを目指すべきですが、扱い方を間違えると修羅場になってしまうかもしれません(笑)

雀魂牌譜

東1局1本場

既に抜きドラ3枚となればなおのこと、チートイツ1シャンテンを維持しつつポンをみてドラをツモ切り。このドラはまさに、手を出すだけ厄介な相手です。

ドラ一杯の三麻でもチャンタはあります。上家のリーチ宣言牌で運良く跳満をアガることができました。

東2局

下家がテンパイしているなら待ちはありそうですが振っても安手であることが多く、抜きドラ2枚の上家にツモられるよりは下家に振った方がよさそう。上家のテンパイが入った時に、現物を切ってテンパイに取れるようにから切ってみました。

南3局

オーラストップ目でこの配牌。これなら大体アがれそうですが、シャンポン待ちが残るならなおのことアガれたも同然なのでここではを抜かず打。何らかの有効牌を引いてからを抜くことにしました。

勝ちましたね。ありがとうございました。

…アレ?

通常の局面なら、同じドラでもを切れば通しやすい牌がかなり増えるので打リーチがよいとみます。しかし今回は止められるはずもない待ち。懸念すべきはドラポンで満貫以上が確定した上家がをつかむ前にアガってしまうこととみて打リーチでしたね。まさに、「勝ったと思った瞬間が一番危険」という言葉通りの結果。積み上げたアドバンテージが一瞬の油断で吹き飛んでしまう。これも麻雀の醍醐味ですが、ミスを咎める側に回れるよう精進したいものです。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top