麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第94回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第94回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀聖☆1に降格しました。現在三麻で雀聖☆2→☆3の壁を突破したのは海外サーバで1人のみ(しかもその方も☆3でのptが降格に近い)。正直な話、この企画を始めた時は、「四麻であれだけ魂天が出ているのだから、三麻でもすぐなれるだろう」と思っていましたが浅はかでしたね。高い壁の方が乗り越えた時に気持ちいいはずなので、相変わらず打ち進めていこうと思います。

雀魂牌譜

東1局0本場

対門は国士、下家はホンイツ傾向。こちらはドラ2の1シャンテン。ドラは重ねられる前に切り飛ばします。手組のうえでも、を重ねるより、ツモでを切っているとはいえ3メンチャンが残った方がよいまでありそうです。

仮にを残してが重なったとしても、仕掛けが期待しづらいを落としてカン待ちを残した方がよいとみます。をツモった時点でもまだ3枚とも山に残っていました。

東3局

メンホンの待ちでテンパイしていたところにツモ。何も考えずを切ってしまいましたが、打なら待ちになってました。

しかしこの程度の待ちの差なら、対門が待ちテンパイであるケースをケアして合わせ打ちがよいとは思います。めくり合いで大体勝てそうな待ちから、わざわざ仕掛けに当たる可能性がある牌を切って放銃してしまうのはもったいないですね。

南2局

ダントツになったと思いきや、下家にリーチ一発ツモ表3裏3北3赤の数え役満をアガられて追い詰められました。しかもこの局で下家がドラ6確定。平場でこの手ならここから先手を取るのは難しく、少しでも放銃を避けたいのでをスルーしますが、今回は横移動で2着終了、振ってもほぼ2着。全力でアガリを阻止すべくポンします。

勝ちましたがここから更にオーラス勝負。三麻は最後まで気が抜けません。

南3局

好配牌が来て勝ったと思う間もなくダンラスの親からリーチ。ここで振り込んでもラスまでは落ちないでしょうから、これくらいアガリやすそうならまだ攻めることにします。

カンしてリーチ者にドラがもろ乗りしたらと不安がよぎりますが、降りるべきと判断したらそこで降りればよいだけです。

アガればトップですが、シャンポンに受ければツモり四暗刻。雀魂は素点も反映されますが、王座の間はトップが240pt。四暗刻ツモでも点数上乗せは24pt。事実上の順位戦につきリャンメンに受けます。

…思わず顔がひきつりそうになりました。そしてここでもう一つ、打で四暗刻単騎に受ける選択が生まれます。雀魂ではダブル役満なので出アガリなら64ptの上乗せ。正直結構迷いましたが、それでもトップのptが大きいとみてリャンメンを維持しました。

無事アガることができましたが、結果的にまでアンコになってました。ルールに合わせた結果なので仕方ないですが、役満のご祝儀でもあればと思わなくもなかったですね(笑)

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top