麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第127回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第127回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀魂の戦績は四麻と三麻、東風戦と東南戦毎に記録されます。しかし卓別の戦績がどの程度かまでは記録されません。天鳳の牌譜解析サイトのようなものが雀魂にもあればと思っていたのですが、有志の方が作成して下さったようです。早速自分の戦績を調べてみると…

…見事に負け越してました。三麻王座の間は恐ろしいところです。

▼雀魂牌譜

東1局1本場 

ドラが3枚あって役牌が出たからポン…と言いたいところですがを3枚抜いている下家の現物が無くなる。チーが無い三麻なら鳴いても先手が取りづらいとみてスルーしました。

とはいえ、下家の手牌進行読みの精度が高ければ鳴いても放銃に回るケースを減らせるのですから、もう少し積極的に手を進めることができるようになった方がよい気もしますね。

ヤオチュウ牌の処理が終わって3〜7の牌が出てきたらテンパイが近い可能性が高いと言えます。3枚抜いている下家は満貫以上確定。つまり他に役があればリーチしないことも多いので当然ダマにも警戒が必要です。にラグがかかったので(雀魂は天鳳同様偽ラグもありますが、1枚目のにもラグがかかっているので偽の可能性はかなり低い)は下家がトイツ持ちということも情報として押さえておきます。

下家からピンズだけでなくソーズも3〜7牌が切られました。仮にテンパイ(単騎待ち以外)とするなら、手牌の中は全てメンツ、アタマ、ターツのいずれか。逆に言えばノーテンならメンツ、アタマ、ターツ以外の牌が残っていることになるのですが、中張牌がピンズとソーズしかない三麻だとだいぶ限られるのではないでしょうか。「役アリならダマに受ける公算が高い」ことが分かっている以上、下家は高確率でダマテンと判断しました。

ダマテンだとすると下家はが雀頭。ピンズの筋は全て通ったので周辺が待ちの平和手だと思っていたところにが4枚見え。更に待ちが絞れたと思っていましたが、メンツ手だとするとかなり限定されるとなれば、そもそもメンツ手以外…チートイツの可能性を想定すべきでしたね。よりが後まで残された理由を踏まえれば、むしろチートイツこそ本線と読むべきだったかもしれません。

チートイツテンパイだとすればこのはむしろ本命。周辺が待ちになっているという最初の思い込みに引っ張られて痛恨の倍満振り込みとなってしまいました。読みを入れるときは抜け落ちがないかに注意しておかないと、全く読みを入れなかった場合より悪い結果になってしまいかねません。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top