麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第738回「現代麻雀の神ワザ 著:鳳南研究所 その17」

ネマタの戦術本レビュー第738回「現代麻雀の神ワザ 著:鳳南研究所 その17」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!
  • 鳳南研究所の麻雀ウォッチ記事はこちら

第2章 分析13

 一般論としては、「攻める時は最大限に攻め、降りる時は最大限に降りる」。いわゆる回し打ちはリターンが少ないうえにリスクがそれなりにあることが多く有効ではないことが多いものです。しかし、ノーリスクなら僅かでもリターンが得られる可能性をみるに越したことはありません。


 他家に放銃するリスクを考慮せずにアガリを目指す時は不要な浮き牌、不要な浮き牌が無ければ価値の低いメンツ候補を落とすのが手作りの基本で、唯一の雀頭や面子には手をつけないものです。逆に言えば、浮き牌や価値の低いメンツ候補を落としていくにはリスクが高く、かといって他のメンツ候補を安牌として切ると放銃リスクを負わずにテンパイを取ることが難しくなるようであれば、通っている雀頭やメンツを落とす選択が候補に上がります。


 91ページはアンコ落としの回し打ち。雀頭落としより受け入れは減りますが、3枚落とせるのでその分危険牌を止めたうえでアガリ目を残しやすいというメリットがあります。実際に選ぶかは別として、打牌候補は広く押さえておくように意識していると、アンコ落としのように通常では選びにくい打牌にも気付きやすくなるのではないでしょうか。


 94ページは北家がテンパイ濃厚、メンゼンでのアガリがかなり厳しいケース。片アガリが2つも残るうえに鳴くと安いとなると基本はまずスルーするところですが、今回のケースならまさに、「ノーリスクなら僅かでもリターンが得られる可能性をみるに越したことはない」といえる仕掛け。先手が取りづらい手牌、局面の場合、可能なら予め安牌をメンツ候補に組み込むようにして手を進めれば、こういったノーリスクのアガリがとれるチャンスが増えます。


 97ページはチートイツ狙いの回し打ち。うまくアガれることは少ないですが、あらゆる危険牌を手牌に組み込むことができるので利用頻度は案外高いです。今回ははそこまで放銃リスクは高くないですが、うまくテンパイしたところでドラを押すのは微妙なので、一歩手前の段階でも止め、北を切らずにアガれるとしたらチートイツということでチートイツ決め打ち。メンツ手のアガリが厳しい場合に特に意識しておくようにします。

現代麻雀の神ワザ

本書は日本最大のネット麻雀サイト「天鳳」における鳳南(鳳凰卓の東南戦)で、麻雀強者の牌譜を見続けてきた「鳳南研究所」による書き下ろしの麻雀戦術書です。

「強者の共通点はびっくりするほど少ない」と筆者は言います。

本書では天鳳位を始めとする強者たちの打ち筋の共通点を見出すとともに、それぞれの独自のバランス感覚(他人にはマネできない本人だけの「勝ちの型」)を明らかにすることを目指すものです。

数え切れないほどの牌譜を見てきたからこそ分かる、異彩を放つ一打とその背景にある麻雀理論。

本書で「現代麻雀の神ワザ」を体感していただき、みなさんの「麻雀の型」をさらにレベルアップさせる一助にしてください。

 
鳳南研究所
単行本:1,663円
Kindle Unlimited
 
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top