麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの戦術本レビュー第739回「現代麻雀の神ワザ 著:鳳南研究所 その18」

ネマタの戦術本レビュー第739回「現代麻雀の神ワザ 著:鳳南研究所 その18」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!
  • 鳳南研究所の麻雀ウォッチ記事はこちら

第2章 分析14

 アガリまで遠いところから強引に染め手を狙うのもブラフと呼ばれることがありますが、それはあくまでアガリを目指す手作りの範疇。
ここではアガリを目指さない、あるいは染め色の牌を切ってもアガリ目が残る場合に、染め色の牌を切ってテンパイを装うことをブラフとします。


 ブラフのメリットは特定他家のアガリ率を下げる、あるいは安手でアガらせることで打点を下げることにあります。逆に言えばデメリットは本書で指摘されている通り、自分のアガリ率が下がる、安手の他家のアガリ率を下げた結果、高い手の他家にアガられてしまう可能性が増える恐れがあることです。


 97ページはアガリを目指さないブラフ。アガリ目がほぼ無い以上アガリ率を落とすデメリットは気になりません。安手で局を流してくれそうな他家もいないので、これなら染め手テンパイを装うに越したことはありません。


 98、99ページはアガリ目が残る場合のブラフ。デメリットはアガリ率が下がることなので、自分の手が安手のときほどブラフが有力で、高打点の時ほど染め色の牌を切るのを遅らせることでノーテンに見せるのが有力になります。


 浮いている染め色の牌があると、染め手に見せかけないようについ先切りしがちになりますが、(2)はそもそも字牌を2つ鳴いて染め手関係無く通ってない牌は止められやすい。
字牌のように他家が使いづらい牌をトイツで持っている時こそ、その牌が他家が切ってくるかどうかでアガリ率に大きく差がつくので、この場合は勝負手だからこそ不要なを引っ張りたいところです。


 100ページはブラフによってテンパイしづらくなりますが、他家に使いづらい字牌を見せないことが効果的なケース。他家の手を止めることができれば、そこからは染め手にこだわる必要もないので、ケイテン取りも視野に入れて少しでも失点を減らすように打ち回します。

現代麻雀の神ワザ

本書は日本最大のネット麻雀サイト「天鳳」における鳳南(鳳凰卓の東南戦)で、麻雀強者の牌譜を見続けてきた「鳳南研究所」による書き下ろしの麻雀戦術書です。

「強者の共通点はびっくりするほど少ない」と筆者は言います。

本書では天鳳位を始めとする強者たちの打ち筋の共通点を見出すとともに、それぞれの独自のバランス感覚(他人にはマネできない本人だけの「勝ちの型」)を明らかにすることを目指すものです。

数え切れないほどの牌譜を見てきたからこそ分かる、異彩を放つ一打とその背景にある麻雀理論。

本書で「現代麻雀の神ワザ」を体感していただき、みなさんの「麻雀の型」をさらにレベルアップさせる一助にしてください。

 
鳳南研究所
単行本:1,663円
Kindle Unlimited
 
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top