麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの天鳳日記 第190回

ネマタの天鳳日記 第190回
ネマタの天鳳日記
2017年09月14日 20:00

01

役牌重なりを狙って役牌を残すか、メンゼンリーチが打ちやすいように19牌を残すか。「現麻本」講座26では、メンツ候補不足の場合(メンツ候補が足りている場合は、悪形メンツ候補しか作らない19牌はほぼ不要牌なので役牌を残すことになります。)2メンツあるようなメンゼンテンパイしやすい形の場合は19牌残しとしました。

 そのためここでも打としましたが、今回はドラが。字牌はメンツになりにくいので、メンゼンでは使い切ることが難しいですが、鳴き手なら重ねればポンでメンツにすることができますし、他のメンツ候補を鳴いてドラ単騎テンパイにも持ち込みやすい。ドラを使わなければ安手止まりであることがおおい以上、今回は打の方がよかったように思います。

 序盤でヤオチュウ牌をどの順番で切るかについては意見が分かれるところですが、結局のところアガリ率はほとんど変わりません。それなら決め手は打点。アガった時に高くなりやすいように、ドラを使いやすい手組を意識したいですね。

02

 結果論とはいえ見事にかぶってしまい…

03

 テンパイまではするもアガれなかったということは、を残していればアガれていたということ。考慮時間があるのですから、何事もノータイムで打つ前に確認を怠らないようにしたいものです。

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)