麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -雀王戦Aリーグ第7節 寸評-

斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -雀王戦Aリーグ第7節 寸評-

CABO求人ニルウッドカバー

 第12期雀竜位・斎藤俊プロ(日本プロ麻雀協会)によるプロ対局の寸評がスタートしました。今回は7月16日に行われた「雀王戦Aリーグ第7節」です。

雀王戦Aリーグ第7節

今回は阿賀-蔵-伊達-達也-角谷の卓についてお話しする。
結論から言おう。

本日阿賀は大勝ちする。

下のグラフを見ていただきたい。横軸は節、縦軸はその時のトータルポイントである。

 a0008

ひとつの注目ポイントは阿賀(赤線)である。先期決定戦を戦った阿賀の今期スタートは良くなかった。少なくとも3節までのスコアは最も悪い部類の結果になってしまった。
しかしながら4節から見事に復調し本節は+211.3で見事なV字回復をみせる。

3回のトップを取った半荘それぞれに本手を炸裂させた。

2回戦南1局 純チャン、三色ツモで6000オール

a0009

3回戦南2局 角谷とのリーチ合戦を制し親満。放銃した角谷のファン悲鳴付き画像。

a0010

5回戦東2局 門前混一色の七対子をツモる。

a0011

随所に阿賀らしさが見え完全復活である。次節の結果次第では再び決定戦をうかがう所まで来た。

 

さて最初のグラフでいう桃色、Aリーグの紅一点、蔵美里。ジリジリ負債を背負わされ、現在は降級の位置まで来てしまった。
彼女曰く「初のAリーグだし自分は挑戦者である。負けても不思議とイライラはしないし受け止めることができる。」とコメントは謙虚である。

0012

協会に通常入会し、最下層リーグから駆け上がった女性Aリーガーは蔵が初である。リーチ合戦に負けたり、展開が不利に働いたりと苦しい展開が続くが、まだ残り3節ある。伊達や宮崎を捲れば自身は残留になる。是非とも踏ん張っていただきたい。

激闘は終盤戦に続く。

雀王戦Aリーグ第7節
順位氏名第7節TOTAL
1 鈴木 たろう 107.6 331.2
2 金 太賢 104.3 314.7
3 角谷 ヨウスケ 65.1 300.0
4 小川 裕之 84.7 283.2
5 鈴木 達也 ▲106.9 207.1
6 矢島 亨 53.9 175.1
7 仲林 圭 66.9 161.2
8 橘 哲也 ▲8.1 74.7
9 阿賀 寿直 211.3 ▲17.5
10 佐久間 弘行 ▲86.6 ▲63.2
11 宮崎 和樹 ▲99.6 ▲108.6
12 伊達 直樹 ▲74.9 ▲178.6
13 蔵 美里 ▲94.6 ▲348.6
14 鍛冶田 良一 ▲94.9 ▲510.3
15 土子 貴智 ▲130.2 ▲630.4

この記事のライター

斎藤 俊
入会1年目から雀竜位C級予選から駆け上がり第12期雀竜位を獲得。
門前と鳴きを使い分け、バランス良い麻雀を打つ。

新着記事

Return Top