麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
麻雀用語辞典 6.イースー、イースーチー、一索、一色三順、一色同順、一色四順、井圏、イーチャパオ、一荘、一荘戦、イートン

麻雀用語辞典 6.イースー、イースーチー、一索、一色三順、一色同順、一色四順、井圏、イーチャパオ、一荘、一荘戦、イートン

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

イースー

 1と4のことです。イースー待ちとかいいますよね。イスーともいうかもしれません。イスーソウ待ちとかいいますね。イスーワン待ちとか。1と4のことです。

イースーチー

 1・4・7のことを指します。イスーチーともいいます。

一索(イーソウ)

 。これはクジャクじゃないですよ、皆さん。鳳凰、架空の鳥ですけれども、中国で一番高貴な鳥とされている鳳凰を表しております。一索、鳥ちゃん、鳥ちゃんとか、みんないいますけれども、一索が2枚あると鶏とかいっていますけれども、3枚いるとサントリーとかいっていますが、それはジョークでございまして、一索とはです。鳳凰のことです。索子の1。

一色三順(イーソウサンジュン)

 一色三順、聞いたことありますか。チーしてもいいんです。例えば、ペンチー。手の中にとあって、あとの4枚は自由です。一色三順。一色で同じ順子があると。同じ色で同じ組み合わせが3組あると一色三順。珍しいですね。チーしてもかまいません。

一色同順(イーソウドウジュン)

 一盃口のことです。手の中で同じ色の組み合わせ、数字のものが1組あると。一色同順。中国では、チーをしていても一色同順ですが、日本は一盃口、手の中じゃないと認められておりません。

一色四順(イーソウヨンジュン)

 さあ大変だ。何だ、これ。めちゃくちゃに置いていますね。って、私、麻雀を長くやっておりますけれども、いまだにこういう和了を見たことはございません。例えば、が頭で。門前で和了れば役満という、中国でのお話でございますけれども、日本でもそういうルールにしているところはありますけれども、チーしてもいいんです。チー、カンチー、ペンチー、一色三順プラス、またで和了った。一色四順。奇跡ですね、これは。こんなことあるんですか。ましてや門前なんてことはあるんですか。気持ち悪いですよ、こんなふうに和了られたら。ロン、一色四順。

 

井圏(イーチャン)

 井圏とは。イーチャンと読むんです。井圏と書いてあります。自動卓で山が上がってきますけれども、手積みでやると山を積みますけれども、そのときにちょっと皆さんが取りやすいように井桁状に組むんです。17枚並んでいます。井桁状に組まれた形が最初にセットされた形ですね。ここからゲームが始まりますよという直前の、井桁状に組まれた状況が井圏といいます。

イーチャパオ

 これは、イーチャパオというのは、中国での麻雀というか、日本以外の麻雀は誰が和了っても、ツモろうが、ロンしようが、みんなで支払うんですが、いろいろな点数の支払い方がありますが、日本の麻雀では、イーチャパオといわれまして、ロンで和了った場合には、あるいはロン、つまり振り込んでしまった場合には1人で全部払わなきゃいけないでしょ。これ、イーチャパオ。ツモ和了の場合には3人で支払うということで、中国などと同じような支払い方になるんですが、イーチャパオは日本独特のルールで、ロン和了をしたときには振り込んだ人1人が支払う責任があると。それをイーチャパオといっております。

一荘(イーチャン)

 これは、今、皆さん、4人麻雀をされている方は、多くは半荘なんです。一荘というのは、東場、南場、西場、北場。昔はそうだったんです。気長にゆったりと1時間以上かけて、東場が終わったら南場、南場が終わったら西場、西場が終わったら北場と、4周していたんです。これを一荘といいます。

一荘戦(イーチャンセン)

 一荘、東場、南場、西場、北場、4周して終わりますよという麻雀の戦い方。一荘戦ですよという言い方をするんです。今日は一荘戦ですよ。今日は半荘戦ですよと言ったら、東場と南場で1ゲーム終了。一荘戦ですよと言ったら、東南西北の4周で戦いが行われますよと。そういうときに一荘戦ですよという言い方をします。

イートン

 イートンとは、最初、みんなが配牌を取り出すじゃないですか。イートンずつ取っていくんですよって。4枚でしょ。4枚ずつ取っていきます。4枚ずつといわないんです。イートンずつ取っていくんですよって。これがイートンなんです、この4枚、上下2枚を4つ持ってくる。イートンですよ。イートンずつ持ってきますよって。みんなイートンずつ持っていってねって。1枚ずつ持っていったら13回もやらなきゃいけないじゃないですか。4枚ずつ持っていきましょうよと。4枚ずつというのは、イートンなんです。4枚1セットの山ね。井桁状に積まれた山からイートンずつ持ってきて配牌を完了させていくというイートン、覚えていただけましたか。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top