麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
陽南まこ|ゲストで引っ張りだこの「癒し系」女流プロ

陽南まこ|ゲストで引っ張りだこの「癒し系」女流プロ

BULL2021求人ニルウッドカバー

2021年にデビューしたばかりの新人ながら、ゲストプロとして各地の雀荘から引っ張りだこの人気プロ。それが日本プロ麻雀協会の陽南まこである。愛らしいルックスと柔らかい雰囲気によって作り出される「癒し系」キャラが、麻雀店で人気を集める秘訣だ。麻雀の方はというと、落ち着いた立ち回りから正攻法で勝負する本格派。今回は、今後の活躍に大きな期待がかかる陽南について、様々な角度から迫ってみたい。

目次

陽南まこの基本情報・プロフィールデータ

出典元:https://marsta.jp/pros/

名前

陽南まこ(ひなみ・まこ)

生年月日

10月24日

職業

プロ雀士

出身地

埼玉県

血液型

O型

趣味・特技

カラオケ

本人公式SNS

Twitter

所属団体

日本プロ麻雀協会

プロ入会年

2021年

カラオケが趣味の陽南。ひとりカラオケにも行くそうで、YOASOBIの曲などを中心に歌っているそうだ。また、最近の楽しみのひとつとして挙げているのが「ガチャガチャ」。ゲストで新橋の麻雀店を訪れる際は、JR新橋駅構内にあるカプセルトイショップに頻繁に立ち寄るそうだ。大人が回しても楽しそうなガチャガチャがずらりと並んでいて、「きょうのガチャガチャ」をTwitterで報告するほどの熱中ぶりだ。

経歴

2021年:日本プロ麻雀協会20期前期生としてデビュー

麻雀との出会い・きっかけ

卓球部に所属していた高校時代、男子部員の間で麻雀がはやっているのを横目で見ていたという陽南。ほどなくして麻雀漫画の『咲-Saki-』を手に取り、麻雀の魅力に触れていった。OLになってからも麻雀に対する思いは強まるばかりだったが、セットで打てる友人はおらず、フリーの店に足を運ぶ勇気もなかったという。そんな中、麻雀店で働けばすべての問題が解決できると思い立った陽南は、勤務していた会社を突如として退職。地元に出店していた大手チェーン「マーチャオ」のアルバイトとして働き始めた。その後、プロテストを経て日本プロ麻雀協会に入会。自身は麻雀が大好きだということを再認識した陽南が、女流プロを目指すのは至極当然の流れだった。

陽南まこの打ち方や雀風

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=v2atcYNAhjk&t=0s

陽南の麻雀の特徴は勝負強さにある。我慢強くきっちり打ち回し、勝負所は逃さないスタイルは「継続は力なり」がモットーという陽南らしい打ち方といえよう。アルバイト時代から陽南プロを指導してきた小林剛(麻将連合・PIrates)による評価は「控えめで大人しい麻雀」とのこと。アガリへの最短距離を正確に見極めて積極的に動くタイプの小林が、陽南の麻雀を控えめに感じるのは無理もないのかもしれない。しかし、「腰を据えて打っている」点がトッププロの目から見てもしっかりと評価されていることは間違いないだろう。

陽南まこの対局時の様子

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2021 1次予選A組4回戦 2021/05/30

プロ歴わずか2ヶ月にして、新進気鋭・才色兼備の女流雀士による祭典・シンデレラリーグに挑戦する機会を得た陽南。新人らしからぬ堂々とした立ち回りで、南場のアガリラッシュを引き寄せた。

まずは南1局、イーシャンテンでじっと耐えた末に高目が三色・チャンタとなる形でリーチ。残り1枚の[一]を引き当て、鮮やかな3000・6000とした。南2局はカンチャン待ちのダマテンから役牌とのシャンポンになるまで待ってリーチ。ここもラス牌の「[発]」をツモって1000・2000。そして南3局もじっくり構えて手を伸ばし、高目が一気通貫となる変則3面待ちでリーチ。安目ツモとなったが海底と裏ドラを加えて、2度目の3000・6000を決めた。

この怒涛の連続アガリによるトップがポイント争いで決め手となり、陽南プロは5位に滑り込んで見事に1次予選突破を決めた。対局後には、解説を務めていた小林に笑顔で報告する最高の形となった。

SNSでの評価・評判

幅広くゲスト活動を行っている陽南。SNSの評判からは早速人気者となっている様子がうかがえる。陽南と同卓したいファンはもちろん、会話することで癒しを求めに足を運ぶファンも多いようだ。

周囲にほっこりとした雰囲気を広げる陽南と、また同卓したいという方は後を絶たない様子。2022年は年明けから陽南の癒しのオーラは絶好調だ。

プロ入りしてから1年にも満たないうちに地方の麻雀店からもゲストで招かれる陽南。来店客はもちろん、麻雀店からも厚い信頼を得ていることがうかがえる。

陽南の卒業が迫った麻雀店では、「陽南まこDay!」が開催され、大いに盛り上がったようだ。

陽南まこのニュース・こぼれ話

『三麻ースタリーグ』に参戦

三人打ち麻雀の配信番組で、小林剛(麻将連合)が特別顧問を務めることでもおなじみの『三麻ースタリーグ』。装い新たに始まった2nd seasonから参加する新メンバーとして、陽南も登場することになった。三麻初心者で猛勉強中の陽南は、オンライン麻雀の天鳳でも三麻をプレイしているという。笑いあり、ハプニングありというのが魅力の番組で、陽南がどんな打ち方を見せてくれるのか楽しみである。

大先輩との自撮り写真に苦戦

豊後葵(協会)が主催している麻雀大会のゲストに、水口美香(協会)とともに参加した陽南。所属する団体の先輩に囲まれ緊張する中、SNSに投稿するため3人の自撮り写真を撮っていた。ところが「はい、チーズ」の掛け声を忘れるなど、豊後から続けざまにダメ出しを食らうことに。5回目の挑戦でなんとかOKが出て、陽南はホッとした様子だった。

ゲスト活動に専念

各地の麻雀店から招かれ、ゲストとしての人気も急上昇中の陽南。ゲスト活動に専念するため、アルバイト、研修社員として在籍したマーチャオを2021年いっぱいで離れることになった。それでも、陽南の「マーチャオ愛」は変わらず、古巣の川口店にゲストとして訪れることも多い。社員ではなくゲストとして川口店に向かう際には「何か変な感じ」とツイートする陽南だった。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top