麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
初音舞「初代世界チャンピオン」唯一無二の看板を背負うレジェンド

初音舞「初代世界チャンピオン」唯一無二の看板を背負うレジェンド

BULL2021求人朝宮あろま

「初代世界チャンピオン」という唯一無二の称号を掲げ、麻雀界を生き抜いてきた女流プロ雀士のレジェンド、それが初音舞プロ(RMU)だ。2002年に開催された世界麻雀選手権の個人部門では、麻雀発祥の中国など各国の代表を破って優勝。女流プロ雀士の草創期だった麻雀界に大きなインパクトを与えた。以降、所属団体を渡り歩きながら活躍を続けてきた初音プロ。今回はそんな初音プロの麻雀人生を振り返り、強さの秘密にも迫っていきたい。

目次

初音舞プロの基本情報・プロフィールデータ

名前

初音舞(はつね・まい)

異名

ドラゴン・レディー

生年月日

1978年12月25日

職業

プロ雀士

出身地

東京都

血液型

B型

趣味・特技

パチスロ

本人公式SNS

Twitter
Instagram

所属団体

RMU

主なタイトル

第1回さんクイーンカップ優勝
世界麻雀選手権(2002年)個人部門優勝

現在はRMUに所属する初音プロだが、デビュー当時は最高位戦日本プロ麻雀協会に所属していた。その後は日本プロ麻雀協会、日本麻雀機構にも所属していたが、体調を崩した影響もあって競技麻雀の最前線から離れる時期もあった。RMUに入会した当初は運営をメインに活動していたが、現在は放送対局などにも復帰を果たしている。

経歴

2002年:世界麻雀選手権大会個人部門で優勝
2003年:麻雀デラックス女流モンド21杯(第1回女流モンド杯)に出場
    第1回さんクイーンカップ優勝
2016年:RMUに入会

麻雀との出会い・きっかけ

大学時代に漫画雑誌で目にした「昭和の雀荘」の風景に魅せられ、雀荘に行ってみたくなったという初音プロ。当時アルバイトをしていたパチンコ店のスタッフに頼んでセット客として雀荘に足を踏み入れ、見よう見まねで対局を行ったそうだ。そこで経験した「アガリ」の興奮が忘れられず、大学を中退するほど麻雀にハマったという初音プロ。元祖「ギャル雀」と呼ばれた店で働く中で多くのプロ雀士と出会い、麻雀プロへの憧れを強めていった。当時交際していた男性がプロ雀士志望だったこともあり、2人で最高位戦日本プロ麻雀協会に入会すると、その後は所属団体を変えながらも活躍を続けている。

初音舞プロの打ち方や雀風

出典元:©RMU

速さと正確さを兼ね備えた打牌選択が生み出す攻めの鋭さが持ち味の初音プロ。攻め時と判断した場合に見せる攻撃力と、耐え忍ぶべき場面での守備力のバランスには定評がある。

そんな初音プロが大好きな役といえば四暗刻だ。「狙いにいかないと成就できない」ところに魅力を感じているそうで、手牌が対子型になっていくと四暗刻を意識するという。

初音舞プロの対局時の様子

夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2022 東京2組第5節2回戦 2021/10/14

初音プロによる多彩な攻めが見られるのがこちらの対局。東4局の親番、無駄のない手組みからリーチ、ツモと流れるような手順で4000オールのアガリを決めると、以降は初音プロの独壇場。続く1本場では、カンチャンながら絶妙のタイミングでリーチをかけ、巻き返しを狙った他家の足を見事に止める。2本場では、一転して早い仕掛けからのホンイツ狙い。ここではアガリを逃したが、続く南1局で5巡目のリーチを一発ツモ。勝利を決定づけるような跳満のアガリを決めた。

第2回安牌を斬れ!RMU女流スプリントマッチ4回戦 2020/08/29

RMUの女流プロがずらりと顔をそろえたワンデーマッチで、初音プロの勝負強さが光った。最終4回戦のオーラス、3着目の初音プロは跳満ツモ以上が逆転の条件となった。まとまりのない配牌ながら、5枚の萬子と[南]の対子をタネにして、ホンイツへ向かった初音プロ。仕掛けも許されない状況から、なんと4巡連続で有効牌を引き込む。最後は[南]を暗刻にして、条件を満たしてのリーチ。これを見事にツモって3000・6000を加点した初音プロが鮮やかな逆転勝利を飾った。

RMU2019ティアラ・クライマックスリーグ4回戦 2019/12/21

RMU女流プロの頂点を決める戦いも大詰め。トータルで最下位に沈む初音プロだったが、親番の東3局3本場では、ドラの[西]が暗刻の好配牌を手にした。4巡目に[③]も暗刻としてテンパイとなったが、四暗刻のイーシャンテンでもある。リーチで満貫が確約された形ではあったが、四暗刻をあきらめきれずに様子を見る初音プロ。だが、ライバルからの先制リーチが入ると満を持して追っかけリーチ。これを討ち取り12000点のアガリとすると、この半荘を見事にトップで終えて新決勝を迎えることとなった。

SNSでの評価・評判

SNS上でも初音プロとセットになるのは「世界チャンピオン」「世界の」といったフレーズだ。当時のことを懐かしむ一方、現在でも活躍していることを喜んでいるファンも多い。

初音プロが残した実績が幅広い世代に知られているからこそ、「あの初音舞プロ」という言葉だけでイメージが共有できるのだろう。

本の出版にコラム連載と「世界の初音」の看板はとても大きく重いものだ。

懐かしい画像を添えてのツイート。初音プロは攻撃力と運が高評価となっている。

初音舞プロのニュース・こぼれ話

実はお笑い芸人志望

お笑いが大好きで、かつては芸人志望だったという初音プロ。大学卒業後は大阪の養成所に入ってお笑いを本格的に学ぶ計画を立てていたが、大学時代に麻雀と出会いプロ雀士の道へと進んだ。そんな初音プロは最高位戦日本プロ麻雀協会のパーティー恒例の漫才コンテストに3年連続で登場しており、「少しは夢がかなった」と語っている。

見たことがないほどの偏食

「自分よりも偏食な人を見たことがない」というほど好き嫌いの激しい初音プロ。小学生の頃は給食を残すことが許されず、午後の授業が始まっても机の上には給食が置かれていた。その影響で、中学は給食がなく弁当持参の私立校に入ったというほど。食べられないものは挙げればきりがないという初音プロの好物は、なんと砂糖。とはいえ、砂糖ばかり食べるわけにもいかず、普段は金平糖や干菓子の落雁を食しているという。

愛犬「ずぅず」が人気者に

初音プロのTwitterで欠かせない存在となっているのが愛犬の「ずぅず」だ。初音プロに癒やしを与える存在だが、プロ雀士の仲間やフォロワーからも「かわいすぎる」との声が寄せられている。初音プロがゲストのため各地を訪れている間はずぅずの投稿もお預けとなるため、「早くずぅずが見たい」とのリクエストが出るほどだ。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top