麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
山田独歩が入会1年目でのタイトル奪取!/第3期新輝戦

山田独歩が入会1年目でのタイトル奪取!/第3期新輝戦

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

今期で3期目を迎えた最高位戦のタイトル戦「第3期新輝戦」の決勝が1月13日に行われた。

決勝進出メンバーは、A1リーグの平賀聡彦、B2リーグの山田独歩山崎淑弥、D1リーグの村松海斗の4名。対局はMルール6回戦(1位と2位のトータルのポイント差が160以上ついたらそのゲームで終了のコールドシステムあり)で行われた。

1回戦の東1局、いきなり親の平賀が山田から18000をアガるスタートとなったが、その後山田が巻き返し、67000点持ちの大きなトップで第1半荘を制す。

山田はその後3着、3着、1着となり、5回戦目のオーラスをトップで迎えこのまま終了すればコールドで優勝が決まるオーラスを迎える。

しかしそのオーラスでは平賀のリーチに村松がハイテイで差し込み平賀がトップに浮上。第6ゲームまで勝負はもつれた。

第6ゲームでは平賀がオーラス親番で意地を見せ山田から12000をアガるなどあと一歩まで山田を追い詰めたが最後は山田がアガリを決めて優勝を手にした。

優勝した山田は「最終半荘の12000に放銃した瞬間は本当に(裏ドラが)乗るなっ!!!って念じてました。よほどグチャグチャな手ではない限り、なるべく自力で局を消化していきたいなと考えていました。リーグ戦は降級してしまったのですが、一つでも結果を残せて良かったです。来期のリーグ戦は昇級できるように、しっかり麻雀に取り組んでいきます。今後共応援をよろしくお願い致します。」と喜びを語った。

 

対局結果

 歴代新輝

第1期 今西祐司
第2期 村上淳
第3期 山田独歩

配信URL

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top