麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第42期最高位戦Aリーグ第5節、村上淳プロの親番での立直判断!

第42期最高位戦Aリーグ第5節、村上淳プロの親番での立直判断!

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

こんばんは、まろちょふです。

今回は5/31(水)に麻雀スリアロチャンネル で放送された第42期最高位戦Aリーグ 第5節での村上淳プロの一打を紹介します。

対局者は石橋伸洋プロ、村上淳プロ、中嶋和正プロ、坂本大志プロの4名です。

最高位戦Aリーグは全12節・48半荘を戦うリーグ戦で、成績上位3名が最高位決定戦に進出、下位2名がB1リーグへ降級となります。

ルールは30000点持ち30000点返し、順位ウマが10-30となります。

場面は4回戦東2局、村上プロの親番、ドラはです。東1局は。

配牌はこちら。(1巡目が確認できなかったため2巡目になります)

01-min

ドラが1枚あり2面子。好配牌と言えるでしょう。

02-min

3巡目にを引き、打点的にも形的にもうれしい手に。

03-min

5巡目にネックなを引き入れて1シャンテンに。あとはにくっつけば申し分ない形です。

04-min

 6巡目にを引き打とします。

ドラにくっつかないのであれば、ダブで打点をカバーしつつ、守備意識も兼ねての選択です。

05-min

8巡目にを引き、こちらはより平和の受け入れが多いため、残して東切りとします。

06-min

9巡目、なんと予想外のを引いて聴牌を果たします。現状の待ちはのシャンポン待ち。

ダマテンに取れば引きの良形変化があり、打にすればくっつきの1シャンテンでドラ3が活かせる形となりますが・・・

07-min

村上プロはこの形のまま立直を選択しました!親番としての牽制効果も期待でき、長引けばのツモあがりも期待できるという判断でしょう。

そして立直時点では山にが1枚ずつ残っており・・・

08-min

なんと高めのをツモ!親の跳満で6000オールのあがりとしました!

思い切った判断で他家の手を止め、自力で引き入れた見事な判断でした!

 

 

 

 

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
アマチュアも参加可能の競技麻雀大会にふらふらと参加している。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top