麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
第16期雀王戦Aリーグ 第5節 、鈴木たろうプロの悩ましいリーチ判断!

第16期雀王戦Aリーグ 第5節 、鈴木たろうプロの悩ましいリーチ判断!

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

こんばんは、まろちょふです。

今回は6/25(日)に麻雀スリアロチャンネル で放送された第16期雀王戦Aリーグ 第5節での鈴木たろうプロの一打を紹介します。

対局者は鈴木達也プロ、鈴木たろうプロ、橘哲也プロ、小室勇人プロの4名です。

雀王戦Aリーグは14名が全10節・40半荘を戦い、成績上位3名が現雀王・角谷ヨウスケへの挑戦権を得る対局です。

ルールは25000点持ち30000点返し、順位ウマがトップから50-10-▲10-▲30となります。トップを取ることが非常に重要となります。

場面は1回戦東3局1本場、橘プロの親番、ドラはです。

北家の鈴木たろうプロの配牌はこちら。

01-min

ご覧の通り驚きの配牌。四暗刻、混一色を狙います。

02-min

03-min

 

3巡目であっさり聴牌。しかしここで難しい選択となります。

三暗刻確定の単騎とするか、が高めの待ちとするか。

どちらにせよ、この順目でダマテンで出あがりするのは勿体ないように感じられます。

また、メンホン三暗刻をリーチして和了れば既に倍満。現状の待ちが既に優秀であるため四暗刻変化は見ないのが現実的な選択でしょうか。

とても難しい判断で、意見が分かれるかもしれません。皆さんはどう打ちますか?

04-min

鈴木たろうプロはを切り立直を選択。安めの出和了でも跳満あるため和了逃しにくい広い待ちを選択しました。

SnapCrab_NoName_2017-6-27_16-13-20_No-00

しかし無情にも一発ツモ牌は。結果論ですが即裏目を引いてしまいました。

05-min

06-min

そしてを槓子とした親の橘プロが暗槓、そしてカン待ちの立直に。鈴木たろうプロの高めのの引き合いとなりました。

07-min

鈴木達也プロが待ちの聴牌。3人でのめくりあいとなりましたが…

08-min

最後のを鈴木たろうプロが引き倍満のあがりに。

しかしを捉えられていれば四暗刻のあがりもあったでしょうか?

と考えられますが、三面張のダマテンにした場合、は和了牌となっているため四暗刻に受けるとフリテンとなってしまいます。

ですので、だけの変化の為のダマテンは難しいと私は考えてしまいます。

皆さんはこの手が入ったら、果たしてどの選択を選びますか? 

 

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
アマチュアも参加可能の競技麻雀大会にふらふらと参加している。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top