麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
最高位決定戦注目の一局その4!園田賢プロの先を見越した空切りテクニック!

最高位決定戦注目の一局その4!園田賢プロの先を見越した空切りテクニック!

CABO求人MEWS

 こんばんは、まろちょふです。

 今日は10/15(日)に麻雀スリアロchで放送された第42期最高位決定戦第3節での金子正輝プロの一打を紹介します。

 対局者は近藤誠一プロ、村上淳プロ、園田賢プロ、金子正輝プロ。全5日20半荘に渡る戦いの1回戦目の東1局1本場を振り返ります。

 ルールは最高位戦ルール。一発裏あり、赤なし。オカ無しのウマが10-30となります。その他詳細は最高位戦HPにてご確認下さい。

1回戦東1局1本場時点の状況 

園田 東家 33000
金子 南家 29000
村上 西家 29000
近藤 北家 29000

 

 この一局の牌譜はこちら

 ドラは 園田プロの親番になります。

 4人の配牌はそれぞれこのような形。

SnapCrab_NoName_2017-11-22_17-10-40_No-00

平和系にまとまりそうな配牌です。孤立のドラがどうなるか。

SnapCrab_NoName_2017-11-22_17-12-20_No-00

が重なりカンを引いて早くも平和の1シャンテンに。

SnapCrab_NoName_2017-11-22_18-48-49_No-00

7巡目に引いたは手牌から空切り。これには今後聴牌して立直を打ったときにを切りづらくさせる効果があります。

SnapCrab_NoName_2017-11-22_17-16-51_No-00

その後2巡ツモ切りの後、ドラの引き。雀頭を振り替えるべくを切ります。

SnapCrab_NoName_2017-11-22_19-16-0_No-00

しかし次巡、このを再び引きました。そのままツモ切りかと思われましたが・・・

SnapCrab_NoName_2017-11-22_19-52-35_No-00

SnapCrab_NoName_2017-11-22_17-22-24_No-00

手牌にあったを空切り。もう一枚があるだけにこのタイミングで手出しとしたのは何故か?と考えられましたが、その理由はこの後に隠されていました。

SnapCrab_NoName_2017-11-22_17-29-6_No-00

目論見はこのツモ。この手順であればは最も狙えそうな牌になっています。

SnapCrab_NoName_2017-11-22_20-3-37_No-00

そしてを引き絶好の待ち立直。高めのが狙いやすい絶妙な手順となりました!

SnapCrab_NoName_2017-11-22_17-41-17_No-00

結果は金子プロが立直の現物待ちの聴牌を入れ1300は1600のあがりに。

残念ながら不発でしたが他家に自分の河を意識させる園田プロの見事な手順でした! 

配信ページ

https://freshlive.tv/threearrows-ch/159461

 

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
アマチュアも参加可能の競技麻雀大会にふらふらと参加している。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top