麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
映画『ノーマーク爆牌党』初日舞台挨拶 ノンスタ石田「一番見て欲しいのは、僕が井上よりかっこつけているところ」

映画『ノーマーク爆牌党』初日舞台挨拶 ノンスタ石田「一番見て欲しいのは、僕が井上よりかっこつけているところ」

CABO求人全自動麻雀卓スリム

2018年10月27日、シネマート新宿にて、映画『ノーマーク爆牌党』の初日舞台挨拶が行われた。

舞台挨拶には、爆岡弾十郎役は石田明(NON STYLE)、鉄壁保役は矢本悠馬、九蓮宝燈美役の長澤茉里奈、当大介役の高崎翔太、富沢昭文監督が登壇。出演者同士でツッコミするなど仲の良さをうかがわせ、笑いの絶えない舞台挨拶となった。

「オファーされたときは絶対当大介役だと思いました」という石田は、よもやの爆岡役に「格好良い役なので焦りました」と当時の心境を語った。

矢本は全く麻雀を知らず不安感があったものの、常に麻雀牌を持ち歩いて牌さばきの練習をし、高崎も麻雀は初めてだったものの、逆に当大介っぽい独特の動きがプロから評価されていたという。

唯一オーディションで決まった長澤の演技力については「よくオーディション受かったな」と全員が思わずダメだし。矢本は、初日の撮影の「ロン」と発声して倒牌するシーンで、長澤が8回もNGを出したエピソードを暴露した。

イベントの最後に、石田は「この映画で一番見て欲しいのは、僕が井上よりかっこつけているところ」と相方の井上裕介のなまえを挙げ、「これから1ヶ月井上をいじることは禁止しようと思います。その分この映画を楽しんでいただければと思います」と会場の笑いを誘い締めくくった。

 概要

出演:石田明(NON STYLE) 矢本悠馬 長澤茉里奈 高崎翔太 永田彬 / モロ師岡
原作:「ノーマーク爆牌党」片山まさゆき(竹書房刊) 
脚本・監督:富澤昭文
製作:永森裕二
プロデューサー:石川博幸/笠木望
キャスティングプロデューサー:久保田隆久
撮影:甲斐公康
製作:「ノーマーク爆牌党」製作委員会
配給・宣伝:AMGエンタテインメント
制作:レフトハイ
麻雀監修:麻雀企画集団バビロン
協力:日本プロ麻雀連盟
(C)2018片山まさゆき/竹書房/『ノーマーク爆牌党』製作委員会


この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top