麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
多井隆晴が予選首位通過。日本選手がベスト3独占/オーストラリア・麻雀マスターズ2019/3日目

多井隆晴が予選首位通過。日本選手がベスト3独占/オーストラリア・麻雀マスターズ2019/3日目

CABO求人全自動麻雀卓スリム

2日目の記事はこちら↑

ついに麻雀マスターズ2019最大のイベントであるオーストラリア公式ルールの対局が始まりました。
このルールは15点縛りという制限があり、アガリ点の3倍が収入となります。
主要な役はこちら

オーストラリア公式ルール主要役 ※抜粋
役名 点数 備考
平和 5 順子が4つあれば成立。鳴きOK。
タンヤオ 5  
チャンタ 40 喰い下がりなし。
役牌 10 場風なし。
対々和 30  
七対子 30 4枚使いOK。
一盃口 10 鳴きOK。
一気通貫 40 喰い下がりなし。
三色同順 35 喰い下がりなし。
混一色 40 喰い下がりなし。
清一色 100 喰い下がりなし。
国士無双 160  
四暗刻 125  

最低の15点のアガリでも45点、100点役のチンイツならば300点が動きます。
また、他家の放銃による横移動でも、脇の2人も30点までは負担しなければならないため、アガらないと点数がみるみる減っていきます。

大会のシステムは以下の通り

  • ウマオカなし。全員0点から素点を積み重ねて順位をつける。
  • 全6ラウンド、1ラウンド=2半荘。
  • 5ラウンド目まではそれまでのポイントを4分の1に圧縮し持ち越し。最終6ラウンド目はポイントリセット。
  • 1ラウンド終了毎に256人→128人→64人→32人→16人となるよう足切りを行う。

この日(4/23)は3ラウンドを行い、上位64人が翌日の4ラウンド目に進出、さらに賞金獲得も確定します。

2ラウンドを終え、残ったプロはこの9名。

2ラウンド目通過プロ
氏名 ポイント 順位
多井隆晴(RMU) 805 9
白田みお(RMU) 620 18
津田岳宏(最高位戦) 521.25 27
小倉孝(協会) 427.5 35
鈴木聡一郎(最高位戦) 402.5 44
桐山のりゆき(協会) 388.75 47
鈴木たろう(協会) 280 66
小渕佑子(最高位戦) 241.25 71
大澤ふみな(最高位戦) 201.25 82

上記のポイントは4分の1に圧縮される上、1半荘で±300点ほどは容易に動くので、この時点での持ち越しポイントはそこまで重要ではありません。全員に通過・敗退の可能性がある正念場となる対局です。

鈴木たろうプロ
小倉孝プロ
白田みおプロ
大澤ふみなプロ
津田岳宏プロ

そして気になる結果は……

なんと!多井隆晴プロ、白田みおプロ、鈴木聡一郎プロら日本勢がベスト3を独占!
多井プロは放送卓で8局中6回アガリを決めて圧倒。同卓者には2017年の優勝者もいましたが、あまりの圧倒ぶりに途中からは手を上げて笑っていました。

3ラウンド目通過プロ
氏名 ポイント 順位
多井隆晴(RMU) 1181.25 1
白田みお(RMU) 1115 2
鈴木聡一郎(最高位戦) 930.63 3
小渕佑子(最高位戦) 415.31 24
桐山のりゆき(協会) 412.19 25
大澤ふみな(最高位戦) 395.31 27
小倉孝(協会) 206.88 46

1日目を通過したプロの方々。

「現地のプレーヤーが1年前よりもオリるようになっている」と冷静に分析していた大澤ふみなプロ。

桐山のりゆきプロ「持ち越しは4分の1に圧縮されるので、1回1回を突破することに集中していくしかない。決勝に行けたら、そこからは叩き合い」

小渕佑子プロ「前半で大きく失点したので敗退かなと思ってたんですけど、チンイツとホンイツ小三元をアガり残れました。明日は押しすぎす、アガれなさそうな時は他の人をアガらせないようにします」

麻雀マスターズ2019は4/24が最終日。
このまま日本勢が表彰台も独占することになるかもしれません!

関連記事

新着記事

Return Top