麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
雀魂上位200名の頂点を決める対局『雀魂四象戦2021‐ 秋の陣‐』はキノック老師さんが優勝!1回戦4着からの見事な逆転劇!

雀魂上位200名の頂点を決める対局『雀魂四象戦2021‐ 秋の陣‐』はキノック老師さんが優勝!1回戦4着からの見事な逆転劇!

BULL2021求人朝宮あろま

ランキング上位200名を対象とした公式大会「雀魂四象戦2021‐ 秋の陣‐」の決勝戦が9月26日に開催された。

詳細ページ

予選から決勝までの道のり

200名の雀士による予選が行われ、本選進出者が32名決定、そこからトーナメント戦が行われ4名の決勝進出者が決定した。

決勝配信

実況解説、ゲストは河野直也多井隆晴、因幡はねるさんの豪華布陣で配信された。

決勝出場選手

決勝に駒を進めたのは雀歴15年のチロさん、雀歴12年のでぶともさん、雀歴9年のキノック老師さん、雀歴20年のタマRtzさん。熾烈な本戦、準決勝を勝ち抜いた強者同士の対決となった。

対局中の画面
対局中の画面その2

対局中の画面欄外で参加選手の紹介をしたり、どの選手がどこの席に座っているかなどがわかりやすい画面構成になっており、工夫された配信画面となっていた。

システムは飛びなしの半荘戦を3戦(順位点はオカなしの5-15。 15-5-▲5-▲15)を行い、合計スコア順に順位を確定する。雀魂の段位戦とは異なり、着順以上に素点が大事なルールで行われた。

2回戦終了時点の成績

2回戦を終えて、でぶともさんがトップ2着でトータル39.8ポイントとややリード。キノック老師さんは1回戦で4着ながらも2回戦で大きなトップを取り、トータル13.3ポイント。首位のでぶともさんとは16.5ポイント差となり、2着順なら無条件、1着順なら素点差6500ポイントをつけることが逆転条件となった。タマRtzさん、チロさんはでぶともさんを苦しめながら大きなトップを取ることが優勝に向けての条件となった。

3回戦ではキノック老師さんが東1局で7700、東2局では優勝争いのライバルでぶともさんから8000のアガリを決めて一気に優位な立場に。東3局でも地道に連荘を重ね持ち点を5万点オーバーとして南入。

南2局には親のでぶともさんとチロさんの2軒リーチ。しかしキノック老師さんが仕掛けて押し切ってでぶともさんの親をかわすことに成功。これが優勝に向けての大きな局消化となった。

南2局 2軒リーチをかわしたキノック老師さんのアガリ

オーラスはでぶともさんはキノック老師さんからの満貫直撃、跳満ツモならキノック老師さんを再逆転する状況となった。でぶともさんにタンヤオ、赤赤に平和三色も見える手が入った。

オーラスは親のタマRTzさんが高め三色の平和赤1のリーチ。それにでぶともさんがカンチャンながらも赤赤のタンヤオで追いかけた。仕掛けて聴牌を入れていたキノック老師さんはここで撤退。結果は流局となり、でぶともさんの条件が6400以上の直撃、満貫ツモ条件に緩和されてもう1局となった。

南4局 2軒リーチは流局

その後の1本場ではキノック老師さんが先制両面[4][7]リーチ。しかしでぶともさんも追いついてリーチに出たが待ちは嵌[4]、直撃はできない待ちとなった。

親のタマRtzさんが仕掛けて聴牌を入れるもタマさんが[4]を掴み、でぶともさんは条件不足のため見逃し、キノック老師さんのアガリとなって決着した。

南4局1本場 キノック老師さんのアガリ
最終結果

対局終了後、実況解説陣とキノック老師さんの通話でのインタビューが行われた。「1試合目の東場で選択が裏目になって放銃になってしまった場面があって、その時点ではもしかしたら僕の日じゃないのかもなと思いましたが、2回戦以降は手に恵まれて大きなトップを取ることができました。リードしてからもアガリきることができたのは、プロの方々が決勝で優勝するためにはしっかり自分でアガリきった方がいいと数々の対局で見せてくださっているので、しっかし攻め切ろうと思っていました。」と謙虚な姿勢を述べた。

エキシビションマッチ結果

解説、ゲストの3名とキノック老師さんのエキシビションマッチでは多井が6000オールを決めて大きくリードを広げての圧勝となった。

番組の最後には、あの「アカギ」とのコラボ開催が告知。詳細情報をお待ちください!

ざわ…ざわ…「アカギ」と雀魂が待望のコラボ決定!!!

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

・プレイヤーは可愛らしく描かれたキャラクター達と共に対戦します。
・他のプレイヤーとのチャットには、キャラに応じた多彩な表情のスタンプを使用することができます。
・キャラクターのボイスは内田真礼さん、小清水亜美さんなど人気声優を起用。ホーム画面やプレイ中に可愛らしい声を聞くことができます。
・キャラクターには好感度のパラメーターも設定されており、アバターとしての使用や、アイテムを贈ることで好感度を上げることができます。好感度が上がることで、追加ボイスやアバターのCGが変化する機能の開放など、様々なシーンでキャラと触れ合い関係を深めることができます。

■webブラウザ
https://mahjongsoul.com/

■DMM版
https://dmg.mahjongsoul.com/

©2019 Soul Games, Inc.
©2019 Yostar, Inc. All Rights Reserved.

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top