麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
徳島大学Liberが優勝!  朝日新聞社後援「第26回青雀旗争奪学生麻雀選手権 決勝」

徳島大学Liberが優勝!  朝日新聞社後援「第26回青雀旗争奪学生麻雀選手権 決勝」

BULL2021求人ニルウッドカバー

日本最大の学生麻雀団体である一般社団法人学生麻雀連盟は、2022年1月16日(日)に「第26回青雀旗争奪学生麻雀選手権」の決勝を行い、徳島大学Liber(リーベル)チームが優勝した。

アーカイブは麻雀ウォッチチャンネルで公開中!

大会結果

第26回目の開催となった青雀旗は、前年度までのペアマッチから、4人チーム戦にシステムを変更。述べ359名の学生が参加した。優勝を勝ち取ったのは、「徳島大学Liber(リーベル)」チーム。

今回の青雀旗決勝は1人1半荘を戦い、制限時間に達した時点で1半荘が終了していない場合は、そこでゲーム終了となる。

Liberは1回戦目、香山光輝さんがトップ、2回戦で福井崇人さんが2着とポイントを伸ばし、3回戦で中村智哉さんが2着で、その時点でトータル105.5ポイントを獲得。この3回戦時点で2位の場3チートイチームが4着に沈み、その差は103.2ポイント差。

盤石のトータル1位で最終戦を迎え、4回戦目でも長島琳太郎さんがトップと全連対で圧巻の優勝となった。

最終結果

 

解説者 堀慎吾プロのコメント

今日は若い方たちの麻雀を見るのをすごく楽しみにしてきました。僕が若かった頃とは、ネットや戦術本が充実していることもあってか、麻雀自体のレベルがあがっていると感じ、興奮しました。すばらしい大会だと思います。僕は甲子園が大好きなのですが、それに近い感動的なものを見させてもらえて、とても満足しました。興味があったら是非日本プロ麻雀協会に入ってほしいです。

学生麻雀連盟理事長 山田独歩プロのコメント

今回は359名の学生に参加いただきました。その全員が、本気で喜んで本気で悔しがっている場面に出会えたことがすごく嬉しかったです。今後学生麻雀連盟を運営していく上で、もっとそういう思いをしてくれる学生さんが増えるように輪を広げていきたいと思いました。出場いただいても、見ていただいても楽しんでいただける場をより提供していきたいと思います。

朝日新聞社 藤田明人氏のコメント

麻雀界がMリーグができたりして変わっていく中で、みなさんのような若くて優秀な方がどんどん盛り上げていっていただけたらと思います。徳島大学の皆様の見事な戦いぶりはもちろん、他のチームの方の、できることをしっかり考えている姿が印象的でした。今日の皆様の対局を見て、私も勉強したいと思いました。

大会結果※敬称略

第26回青雀旗争奪学生麻雀選手権 決勝結果
順位 チーム名 選手名
優勝 徳島大学Liber 福井崇人 (徳島大学)
中村智哉(徳島大学)
香山光輝 (徳島大学大学院)
長島琳太郎(徳島大学)
準優勝 場3チートイ 関一将 (関西大学)
田中景介 (関西大学)
大鳥雄司 (関西大学大学院)
小堀誠人 (大阪産業大学)
3位 八小組 菊地晃成 (東京医科歯科大学)
宮本岳 (立教大学)
髙橋雄大 (法政大学)
上中太陽 (横浜国立大学)
4位 まじきち 小谷昂史 (慶応義塾大学)
横井隆太郎 (慶応義塾大学)
鄭 昊翔 (早稲田大学)
森見 優希 (慶応義塾大学)

エクストラ対局

大会終了後、優勝した徳島大学Liberチームの中村さん、香山さん、福井さん、解説の堀慎吾プロによるエクストラ対局の東風戦が行われた。

オーラス、トップの目の堀プロと2着目の中村さんの差は1100点差。堀プロは[発]を仕掛けて[⑦][3]のシャンポン待ちでテンパイ。

アガればトップの中村さんはカン[3]待ちの役ナシテンパイをリーチとすると、[2]を引いて待ちが[1][4][⑦]待ちに変化した堀プロから放たれた[3]で直撃。見事な逆転トップを決めた。

大会概要

イベント名

第26回青雀旗争奪学生麻雀選手権(https://sma-seijanki.com/

開催日時

決勝:2022年11月16日(日)

会場

スリアロβスタジオ

参加資格

◆以下4つの条件を全て満たす、2人1組の学生
①学生麻雀連盟に加盟している18歳以上の学生である(高校生不可)
②オンライン麻雀「雀魂」のIDを持っている
③全国学生麻雀ランキングに登録している
④参加規約に同意している

参加費

1チーム1万円(1人あたり2500円)

競技ルール

学雀連ルールに準拠(https://gakusei-majan.com/rule/

システム

【予選】
1人4ゲーム×4人の合計点を競い、既定の割合で予選通過を決定
※既定の割合:参加5チームで1チーム通過。以降参加チームが5増えるごとに通過枠も1増える 4人1組のチーム戦。対戦の組み合わせは当日集合時刻までに発表。

【準決勝】
1人4半荘×4人の合計スコアを競い、合計得点の上位4チームが決勝へ進出
(予選のポイント引き継ぎなし)

【決勝】
1人1半荘、合計4半荘の合計得点を競い最も得点の高かったチームが優勝

実況・解説

実況:日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会、渋谷ABEMAS所属)
解説:堀慎吾(日本プロ麻雀協会、KADOKAWAサクラナイツ所属)

賞品

<優勝>
・優勝トロフィー
・優勝メダル
・アモスグランドチャンピオンシップ2021-2022(学雀連主催)への出場権
・NASPAニューオータニJP-EX付ラグジュアリースイート1泊2食付き招待券
<準優勝/ 3位/ 4位>
・入賞メダル

後援

株式会社朝日新聞社(https://www.asahi.com/corporate/

協賛・協力

NASPAニューオータニ(https://www.naspa.co.jp/
ニューオータニイン東京(https://www.newotani.co.jp/inntokyo/
Red Bull(https://www.redbull.com/jp-ja/
株式会社スリーアローズコミュニケーションズ
https://threearrows-ch.com/company/
株式会社ムー(http://mw-inc.biz/

主催

一般社団法人学生麻雀連盟(https://gakusei-majan.com/

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top