麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
跳満ラビットの歩む道~樋口栄佳のこれから~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Bブロック1卓】

跳満ラビットの歩む道~樋口栄佳のこれから~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Bブロック1卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

「これが今の私の実力なんだと痛く感じています。でも……麻雀やっていて楽しいなって、シンデレラリーグでは思っていました。他団体を含めた女流プロの人たちが集まって、こうやって同じルールでテレビ対局で麻雀をするという独特の雰囲気があって、その中に自分がいると感じると、すごく楽しい。もちろん麻雀をやっているわけだから勝たなきゃいけないけど、それ以前に……なんて言ったらいいんだろう。ありがたいなっていう気持ちが強かったです」

最高位戦日本プロ麻雀協会所属、「跳満ラビット」樋口栄佳。彼女の「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」への挑戦は、この日、終わりを迎えた。最終第3節開始前のポイント状況は、下記の通りだった。

1位の塚田が97.6ポイントで、5位の中山が43.3ポイント。上位5名のポイント差がひじょうに拮抗しており、樋口を含めた下位3名は3ケタマイナスという状況だった。

樋口がこの日対局したのは、8位の松田、4位の夏目、3位の水谷。樋口にとって、3トップ以上がプレーオフや準決勝へ進出する可能性を残す最低条件だ。大きく勝てば夏目と水谷の順位を沈めることができる。だが、それでも翌週に行われる後半卓には塚田、都美、中山といった上位陣が控えているため、どのみち厳しいことには変わりがない。それほどまでに樋口は切羽詰まっていた。

シンデレラリーグの予選はプレーオフシステムを採用しているため、各ブロックの5位以内に食い込むことが最低限の目標となる。そのため、本来であればいわゆる「目無し」の選手は生まれにくい。生まれにくいのだが、こうなってしまっては仕方がない。勝ち進む可能性を少しでも増やすために、「大振り」をする局面を増やすしかない。それが、どんな結果を生むことになろうとも――。

トップ奪取はもちろんのこと、点数を少しでもかき集めたい。それは勝負にいく局面を増やすということで、それだけ放銃のリスクも増えるということになる。1回戦東4局は役々赤をテンパイしているところから、松田に8000の放銃。

ラス目に立った樋口は、南1局の親番でタンヤオ・赤1のテンパイを果たす。ここでも水谷のリーチに対し当たり牌のをつかみ、8000点を失った。

さらに南3局1本場、またしてもテンパイしているところからで水谷に・ドラ2・赤1の8000点を放銃。これまでの2節の厳しい展開をリピートするかのように、樋口は当たり牌をつかみ続けた。

ただでさえ厳しすぎたスタートラインから、わずか1戦でさらに後退を余儀なくされてしまった。

対局中、僕は立会人として選手たちの動向を見守っている。合間には資料用として選手たちの対局風景をカメラに収めているのだが、樋口はじつに写真映えする。背筋を伸ばし、凛とした表情で牌と向き合う。淡々と模打を繰り返す姿は、見ていてじつに心地よい。

そんな彼女も、この日ばかりは表情を歪めることが多かったように見えた。上位陣との差はどんどん離され、勝つために取れる選択の幅は徐々に狭まっていく。極限まで追い詰められながら平静を貫くことが、どれだけの人にできるのだろう? 対局に立ち会う立場である以上、僕が誰かに肩入れをすることはない。けれど、歯を食いしばって歩みを止めない樋口の姿に、心打たれるものがあったのは確かだった。そして、それはきっと僕だけではないと思う。

2回戦東1局、樋口に反撃の狼煙と成り得る極上の配牌が巡ってきた。すでに2アンコがあり、も重なった。奇跡を信じるのなら、この手は四暗刻に仕上げるしかない。

を重ねて、わずか5巡でツモり四暗刻の1シャンテン。

ドラのを残してを切り、少しでも他家の警戒度を下げる工夫をした。他家に安手で蹴られて、この手が台無しになっては目も当てられない。

11巡目にを持ってきて、そろそろ抱えているのも限界だとばかりに打。松田のに合わせる形で、筋牌を放った。

このを水谷がポン。タンヤオ・ドラ3・赤1の1シャンテンだ。同巡――

樋口の元へが流れてきた。もし樋口がをツモ切っていたら、このを捉えることはできなかった。リーチをかけて、出アガリでの跳満を確定させる。同時に、少しでも向かってくる相手を減らすことで、ツモアガリの可能性を増やせるメリットもある。は1枚、は2枚も山に眠っている。

ところが水谷もを引いてテンパイを果たす。を押して勝負!

リーチをかけている樋口と、そのリーチに無筋を放っている水谷。両者が危険な気配を漂わせているなか、夏目が樋口の当たり牌であるをつかんだ。自身が赤ドラを含んだ好形の1シャンテン。しかもは水谷の現物だ。一瞬の逡巡を挟んで――

夏目は両者の現物であるを抜き打った。樋口の変則的な河を見る限り、トイツ手の可能性はかなり高い。ならば、1枚切れのを打つことはできない。この高い守備力は夏目の持ち味だが、ポイント状況ゆえに降りる選択を取る余裕があるとも言える。

そしてこの選択の結果――

樋口がをつかんだ。もし樋口の四暗刻が成就していたならば、素点32ポイントに順位点40ポイントが手に入った可能性が高い。今の樋口のトータルポイントでは、役満1回でも心もとないのは間違いない。だが、それでもこの手は彼女にとって一縷の望みだった。

それでも、まだまだ戦いは終わっていない。

>>次ページ 跳満ラビットに一体何が…!?

 

新着記事

Return Top