麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
中月裕子はまだ、道半ば――【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Cブロック2卓】

中月裕子はまだ、道半ば――【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Cブロック2卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

戦前、24名いるシンデレラ候補のうち、誰を優勝候補に挙げるかと問われれば、僕は真っ先に中月裕子と答えたと思う。それだけの実力・実績を備えた選手だった。

第7回μレディースオープン優勝を皮切りに、日本プロ麻雀協会の第16期新人王、第19期女流名人位、夕刊フジ杯2018麻雀女王団体戦優勝など、わずか5年のプロキャリアで数々のタイトルを総なめにした。もちろん、獲得タイトル数は出場選手の中でも抜きん出ている。ここぞという局面で思い切りの良い押しっぷりを見せる彼女は、タイトルをかけた短期戦での「勝ちきる力」に長けた選手のように思われた。優勝するまで20~24半荘の打数しかない「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」においても、そのスタイルは大きな強みだろう。そんな予想を立てていたのだが、運命のダイスは彼女にとって不幸な目ばかりを出し続けた。

中月が戦ったCブロックは、なんと8名中6名がプラスポイントという状況で、予選最後の対局を迎えた。なぜ、このような異常事態となったのか? 簡単な話だ。日當ひな、そして中月が極端なほど不幸な抽選を引き続けたからだ。もちろん、麻雀は運だけのゲームではない。技術は勝敗を分ける大きな鍵だ。だが、いくら優れたスキルの持ち主であっても、それが結果と直結するとは限らないのも、また麻雀なのである。

予選最後の戦いで中月が同卓したのは、5位の田渕百恵、2位の与那城葵、1位の山本ひかるの3名。中月はこの3名を相手取って勝ち頭となり、現在6位の月城和香菜より上のポイントになって初めてプレーオフ進出が可能となる。月城との198.1ポイント差を覆すには、およそ40000点のトップを4回取ればいい。

「4連勝をすることしか考えていませんでした。逆に気負いもなく開き直っていられました」

厳しい条件には違いない。けれど、中月裕子を知る者ならば、口をそろえてこう語るはずだ。「あるいは彼女であれば、その難関をも突破できるかもしれない」と――。

1回戦東2局、をポンして軽快に発進した中月だが――

親の田渕から高め三色の力強いリーチが入る。

中月は宣言牌のをチーし、ドラを1枚確保。さらに無筋のを押した。を切れば の受けが残るが、が2枚切られていることも判断材料となったのだろう。

そしてを引き、も押してテンパイを果たす。そして――

まさに「もぎ取る」といった様相の1000-2000のアガリ。勝負所での突破力は、出場選手の中でも随一だ。だが――

東4局2本場に山本が4000は4200オール、

続く東4局3本場には与那城がフリテンの三門張をツモり上げて2300-4300の加点をし――

南1局には田渕がわずか5巡で2000-4000のアガリを成就させた。大きく抜け出た選手こそいないものの、中月の点棒がじわじわと削られていく。

南3局1本場、中月の親番。田渕の元へ悩ましい手が入った。ピンズをほぐすか、に手をかけるか――

田渕はを選択。シャンテン数は落ちるがマンズを1ブロックとし、他に変化を求める狙いだ。

今度は引き。田渕は再び思考の海に潜る。を切るのが手広い受けだが、9枚中7枚がそろっている456の三色には、ほぼならなそうだ。次いで受け入れの多いも同様の理由で切りにくい。ならば多少のロスを覚悟して、あたりを切るのはありだろうか? 数多い選択肢の中で、田渕は――

を選び抜いた。 受けのロスはあるものの、タンヤオを確定させ、三色の目も残した最も強気な判断だ。

こうして田渕はヤミテンで高め跳満の大物手を仕上げてみせた。

そんななか、がアンコの与那城がリーチをかける。それは――

田渕が追いかけリーチをするには十分な理由だった。

そしてここに、親番を落とせない者が一人。繰り返しになるが、中月の条件は4連勝ではない。40000点トップを4回、である。跳満・倍満まで見えるこの1シャンテンで――

撤退できる理由などなかった。

裏ドラを見るまでもなく、田渕の16000点のアガリ。中月にとって、それは致命傷とも言える失点だった。

「まずいなー、やったなーと思ったけど、自分の中でトップを目指すために精一杯やった結果だからしょうがないなという感じでした。あと3回、70000点くらいのトップを取れればいけるなーって思っていました」

窮地にあっても、中月は自分がやるべきことを見失わないでいた。この言葉を虚勢と受け取る人もいるのかもしれない。だが、やはり彼女を知る人は、こう思ってしまうのである。「中月裕子は本当にそう思っていて、それを実行に移せる力がある人だ」と。

中月の反撃が始まったのは、2回戦東2局3本場からだった。山本がペン待ちリーチをかけたのだが――

この時、親の与那城はダブポンに始まり、3副露しているテンパイ濃厚の手格好だ。準決勝進出を争っている与那城のアガリを潰すために、強気の勝負に出た。

与那城はドラので単騎待ちをしている。手牌4枚で山本からリーチを受けるのは、なんともやりにくい。

この鉄火場に、中月が猛然と突っ込んだ。リーチ・赤2のカン待ち。彼女としても、打点十分であるならば、どんな待ちであろうと勝負をかけるしかない。

そんな局面で、与那城が山本の当たり牌であるをつかんでしまう。現状、安牌は中月の宣言牌であるのみ。テンパイを維持するならを切るしかない。2軒リーチに生牌のドラを切れるのか? それは無理だろう。ならば与那城は放銃するしかないと思われたのだが――

彼女はを河に置いた。完全安牌はのみだが、すでにが4枚見えていることから、どちらも 待ちでリーチをかけていることはあまりなさそうだ。またが見えていることから、カン待ちが選ばれているケースも通常よりはだいぶ下がる。2軒リーチならば安牌も増えやすく、回りきれる可能性は十分にあると判断しての撤退だった。与那城のファインプレーによって、決着が長引く。その結果――

中月の2300-4300が成就した。

親番をたぐり寄せた東3局、中月がようやく本領を発揮し始めた。

まずは山本からメンピン・赤・ドラの12000点をアガり――

続く1本場でもタンピン・ドラ2のヤミテン満貫を山本からアガってみせた。リーチをかけた与那城がを切っており、中月も強い牌を切っていない。うまく闇夜に紛れこんだ会心のアガリだ。

このリードを守り抜き、中月が待望のトップを手に入れた。だが、素点は50200点。最低目標まで、およそ20000点足りなかった。

「10万点のトップを取ろうとしていたので、正直に言うと物足りない感じでした。あと2回のトップ条件が、さらに厳しくなってしまったので」

トップを取ってなお、条件が改善するどころか悪化してしまうという苦難の連続。それでも中月は、残り2回の戦いに挑むのだった――。

>>次ページ 条件をクリアするための闘牌

 

この記事のライター

新井等(スリアロ九号機)
麻雀スリアロチャンネルの中の人。
ナンバリングは九号機。
スリアロでのポジションをラーメンに例えると、味玉くらい。
お酒があれば、だいたい機嫌が良い人です。

新着記事

Return Top