麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
風林火山・亜樹が2勝目!雷電・瀬戸熊も4勝目で最多勝タイに 【Mリーグ 11/1結果】

風林火山・亜樹が2勝目!雷電・瀬戸熊も4勝目で最多勝タイに 【Mリーグ 11/1結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は11月1日に、渋谷ABEMAS 対 EX風林火山 対 TEAM雷電 対 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 の対戦が行われた。

第1試合は、ABEMASから白鳥、風林火山から亜樹、雷電から萩原、麻雀格闘倶楽部から前原が出場。序盤は萩原と前原の争いだったが南1局で4位だった亜樹が6000オールのアガリで一気にトップ目浮上。

南1局の6000オール ©AbemaTV


その後も前原との争いとなったが南3局にドラのバックの満貫のあがりを決めトップとなった。

これで2勝目となった亜樹は勝利者インタビューで「これで8戦目なので、4回に1回勝てるとしたら今回かなと思ってました。バックの局は、出るとも山にいるとも思っていなかったけどあがれて驚きました。自分的には上り調子だとおもうので、3勝目、4勝目と積み重ねていきたいです。」と語った。

インタビューを受ける二階堂亜樹 ©AbemaTV

1位 亜樹(風林火山) 63.5
2位 前原(麻雀格闘倶楽部) 16.0
3位 萩原(雷電) ▲13.8
4位 白鳥(ABEMAS) ▲65.7

第2試合は、ABEMASから松本、風林火山から勝又、雷電から瀬戸熊、麻雀格闘倶楽部から前原が出場。勝又が序盤リードを広げるが、東4局に松本が跳満ツモで追い上げ、南1局には瀬戸熊が満貫ツモ。一気に上位3人が並んだが、瀬戸熊が2600オールのアガリを決め抜け出した。2着争いはオーラスに松本が前原から8000をあがり松本が2着となった。

東4局の松本の跳満、海底でのツモアガリとなった ©AbemaTV

これで4勝目となった瀬戸熊は「トップとれそうなときは取りこぼさないようにと考えていて、今のところとてもうまくいっています。チーム内みんなそれぞれ、自分の麻雀を打ち切ることをテーマにこれからもチーム雷電頑張ります!」と語った。

インタビューを受ける瀬戸熊直樹 ©AbemaTV

1位 瀬戸熊(雷電) 61.2
2位 松本(ABEMAS) 7.6
3位 勝又(風林火山) ▲18.2
4位 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲50.6

次回11月2日はUNEXTパイレーツ、EX風林火山、セガサミーフェニックス、赤坂ドリブンズが対戦。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 188.6 24/80
2 Pirates 156.5 22/80
3 風林火山 52.6 20/80
4 フェニックス ▲6.1 20/80
5 雷電 ▲32.3 20/80
6 ドリブンズ ▲41.4 20/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲317.9 26/80
個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 274.5 7
2 朝倉(Pirates) 140.2 7
3 近藤(フェニックス) 128.5 7
4 瀬戸熊(雷電) 121.8 7
5 亜樹(風林火山) 69.2 8
6 小林(Pirates) 68.4 9
7 滝沢(風林火山) 57.5 6
8 松本(ABEMAS) 48.9 8
9 園田(ドリブンズ) 31.4 7
10 村上(ドリブンズ) 27.3 8
11 黒沢(雷電) 16.3 4
12 魚谷(フェニックス) ▲44.2 7
13 石橋(Pirates) ▲52.1 6
14 勝又(風林火山) ▲74.1 6
15 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲78.8 5
16 茅森(フェニックス) ▲90.4 6
17 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲93.6 11
18 たろう(ドリブンズ) ▲100.1 5
19 白鳥(ABEMAS) ▲134.8 9
20 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲145.5 10
21 萩原(雷電) ▲170.4 9

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top