麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【Mリーグ開幕1ヶ月】平均打点がリーグ最下位でも首位 ABEMASの試合巧者ぶりが光る

【Mリーグ開幕1ヶ月】平均打点がリーグ最下位でも首位 ABEMASの試合巧者ぶりが光る

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

Mリーグが開幕して1ヶ月。

ようやく様々なデータが出そろってきたので、紹介しながら各チームや選手の成績を分析してみよう。(10月30日までの成績で計算)

ABEMAS リーグ最低の平均打点も開幕序盤から首位キープ

10月を終えて、首位はABEMAS。10月9日に白鳥、多井が連勝し、そこから月末まで首位をキープした。一時は414.6ポイントまで伸ばしたが、白鳥の不調が響き246.7ポイントとなっている。

22戦8勝はリーグ最多。特筆すべきはチーム平均打点が5969点とリーグ最低であることだ。(リーグ平均は6852点)

Mリーグの平均打点は、供託や積み棒の点数を含まないため、それらを含む収入で計算すると上位に入っている可能性はある。

それでもリーグ最高のポイントをたたき出したのは、要所でのゲームメイクのうまさが光ったからこそであろう。

白鳥が調子を落としているが、大黒柱の多井が安定していれば、今後も大きく崩れることはなさそうだ。

Pirates リーグ最多のアガリ回数で赤ありルールにマッチ!?

開幕戦を首位でスタートしたPiratesだったが、その後はプラスとマイナスを行ったり来たり。

10月25日に小林、朝倉が連勝し、トータルポイントを3ケタに乗せて2位に浮上した。

22戦で4勝とトップ数は少ないものの、ラスも2回と少なく、2位数はリーグ最多の10を数える。

小林はリーグ最多の32回のアガリを重ね、チーム合計で69回はリーグ最多。

平均打点も高く、赤ありルールが有利に働いているチームといえるだろう。

風林火山 18戦でラスはたった1回

18戦でラスがたったの1回という鉄壁の守備を誇る風林火山。その代償かトップのリーグ最小の3勝となっているが、トータルはプラスで1ヶ月を戦い終えた。

勝又(個人14位)のトップが無いのが気になるが、亜樹(個人11位)は男性プロと互角に渡り合い、滝沢(個人6位)は開幕前の不安を一掃して好調を維持している。

開幕直後は下位に沈んでいたが、11月に入って亜樹が連勝し、ついにトータル2位に浮上した。

勝又が復調すれば怖い存在になりそうだ。

フェニックス 55歳・近藤がチームを引っ張る

魚谷・茅森という女子二人と55歳の近藤という異色のチーム。

開幕してしばらく下位に沈んでいたものの、近藤が初出場した10月11日に連勝し、一気にトータル0ポイント付近まで戻した。

その後は成績を維持して、▲6.1ポイントとわずかにマイナスして10月を終えた。

近藤は7戦3勝でトータル128.5ポイントの個人3位。

感覚派の近藤は、打ち筋が他のMリーガーと比較しても特異に映るが、見事に結果を残しそれがファンから賞賛されている。

魚谷・茅森も近藤に引っ張られながら上位進出を目指す。

ドリブンズ まさかの失速もたろうの復活待ち

開幕戦で園田が勝利し、幸先の良いスタートをきったドリブンズ。

ABEMASの後をつけて2位をキープしていたが、10月25日にまさかの連敗で一時は200ポイント以上あった貯金を溶かした。

たろうが個人19位と調子が出てこないが、園田・村上は持ち味を発揮しており、前評判通りの力を発揮すれば,今後も怖い存在だろう。

雷電 萩原は苦戦もMリーグの広告塔としてメディアに露出

俳優・萩原聖人が所属する雷電は、▲79.7ポイントの6位で最初の1ヶ月を終えた。

開幕前から注目を集めた萩原は、テレビ、ラジオ、新聞、ネットなど様々なメディアに登場し、Mリーグの話題を提供。

その効果もあってか、Mリーグの視聴者数は好調で、パブリックビューイングは先の日程まで売り切れとなっている。

個人成績では、▲156.6ポイントで最下位に沈んでいるものの、徐々にMリーグルールに対応しているところを見せており、今後の巻き返しに期待がかかる。

瀬戸熊・黒沢が好調なので、萩原の調子が上がってくると、雷電の上位進出が見えてくる。

麻雀格闘倶楽部 チームがらくたの不調が響くも、寿人に復調気配か

寿人・前原という”チームがらくた”の攻撃力が恐れられていたが、開幕1ヶ月でまさかの最下位。

寿人は10月26日に役満を含む連勝で一気に加点し、復調気配があるものの、前原も調子を落としており、なかなか兆しが見えない。

ここまでラスがリーグ最多の10回となっているが、トップも5回あり、チームとしては徐々に「戦えている」状態になってきているようだ。

この数字が逆転しはじめると、手がつけられない怖い存在のため、他チームも警戒を緩めることはなさそうだ。

10月終了時の成績

チームランキング(2018/10/31時点)
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 246.7 22/80
2 Pirates 156.5 22/80
3 風林火山 7.3 18/80
4 フェニックス ▲6.1 20/80
5 ドリブンズ ▲41.4 20/80
6 雷電 ▲79.7 18/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲283.3 24/80
個人ランキング(2018/10/31時点)
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 274.5 7
2 朝倉(Pirates) 140.2 7
3 近藤(フェニックス) 128.5 7
4 小林(Pirates) 68.4 9
5 瀬戸熊(雷電) 60.6 6
6 滝沢(風林火山) 57.5 6
7 松本(ABEMAS) 41.3 7
8 園田(ドリブンズ) 31.4 7
9 村上(ドリブンズ) 27.3 8
10 黒沢(雷電) 16.3 4
11 亜樹(風林火山) 5.7 7
12 魚谷(フェニックス) ▲44.2 7
13 石橋(Pirates) ▲52.1 6
14 勝又(風林火山) ▲55.9 5
15 白鳥(ABEMAS) ▲69.1 8
16 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲78.8 5
17 茅森(フェニックス) ▲90.4 6
18 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲93.6 11
19 たろう(ドリブンズ) ▲100.1 5
20 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲110.9 8
21 萩原(雷電) ▲156.6 8

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top