麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【Mリーグ個人リーチデータ】リーチ率は寿人が圧倒的な首位 リーチアガリ率は堀、小林が高水準の数値【データから見るMリーグ #20】

【Mリーグ個人リーチデータ】リーチ率は寿人が圧倒的な首位 リーチアガリ率は堀、小林が高水準の数値【データから見るMリーグ #20】

BULL2021求人ニルウッドカバー

Mリーグ2020レギュラーシーズンが3月12日に閉幕。麻雀ウォッチではレギュラーシーズンの各種データを公開します!

3シーズン合計のリーチ率、リーチ時アガリ率

今回は選手別の3シーズン分のリーチ率、リーチ時アガリ率を下記にまとめた。

順位 選手名 リーチ率/試合数 通算スコア
1位 佐々木寿人 28.82%/96試合 803.1
2位 高宮まり 25.43%/57試合 -420.4
3位 瑞原明奈 23.95%/35試合 -219.7
4位 鈴木たろう 23.71%/81試合 -89.0
5位 瀬戸熊直樹 23.57%/93試合 -205.5
6位 岡田紗佳 22.82%/34試合 -119.2
7位 萩原聖人 22.49%/86試合 -773.3
8位 松本吉弘 22.39%/77試合 48.3
9位 近藤誠一 22.38%/68試合 429.7
10位 前原雄大 22.13%/68試合 -86.7
11位 朝倉康心 22.09%/75試合 -258.6
12位 茅森早香 21.70%/78試合 -113.1
13位 黒沢咲 21.50%/81試合 460.7
14位 村上淳 21.48%/73試合 327.6
15位 石橋伸洋 21.46%/62試合 -520.4
16位 日向藍子 21.14%/33試合 56.7
17位 魚谷侑未 20.87%/80試合 23.0
18位 多井隆晴 20.41%/79試合 922.1
19位 小林剛 19.92%/88試合 432.9
20位 内川幸太郎 19.76%/56試合 435.6
21位 丸山奏子 19.69%/20試合

-243.7

22位 園田賢 19.59%/86試合 -283.1
23位 堀慎吾 19.49%/28試合 275.6
24位 勝又健志 19.23%/92試合 -56.9
25位 白鳥翔 19.07%/71試合 86.1
26位 二階堂亜樹 18.64%/72試合 -372.9
27位 滝沢和典 18.59%/96試合 128.6
28位 沢崎誠 18.41%/62試合 -46.3
29位 和久津晶 17.77%/34試合 -410.9
30位 藤崎智 16.55%/39試合 -230.3

リーチ率上位3人は寿人、高宮、瑞原。実際の試合での印象通りリーチ主体に戦う選手が上位となった。寿人のリーチ率28.82%は驚異的なリーチ率。このリーチ率でバランスの良い成績が残せることは寿人の麻雀能力の高さの証明になるだろう。上位7人までの選手でトータルスコアがプラスになっているのは寿人のみ。リーチ率の高さがトータルスコアに直結はしないと言えるだろう。

続いて選手別リーチ時アガリ率を確認する。

順位 選手名 リーチ時アガリ率/試合数 通算スコア
1位 堀慎吾 62.30%/28試合 275.6
2位 小林剛 57.69%/88試合 432.9
3位 岡田紗佳 54.64%/34試合 -119.2
4位 多井隆晴 54.55%/79試合 922.1
5位 松本吉弘 51.89%/77試合 48.3
6位 黒沢咲 51.89%/81試合 460.7
7位 滝沢和典 51.17%/96試合 128.6
8位 内川幸太郎 51.13%/56試合 435.6
9位 村上淳 51.04%/73試合 327.6
10位 藤崎智 50.68%/39試合 -230.3
11位 萩原聖人 50.44%/86試合 -773.3
12位 二階堂亜樹 49.38%/72試合 -372.9
13位 前原雄大 49.17%/68試合 -86.7
14位 近藤誠一 48.95%/68試合 429.7
15位 勝又健志 48.42%/92試合 -56.9
16位 高宮まり 47.19%/57試合 -420.4
17位 和久津晶 47.14%/34試合 -410.9
18位 白鳥翔 46.88%/71試合 86.1
19位 瀬戸熊直樹 46.32%/93試合 -205.5
20位 茅森早香 45.93%/78試合 -113.1
21位 日向藍子 45.88%/33試合 56.7
22位 佐々木寿人 45.51%/96試合 803.1
23位 園田賢 44.78%/86試合 -283.1
24位 鈴木たろう 44.25%/81試合 -89.0
25位 朝倉康心 43.96%/75試合 -258.6
26位 沢崎誠 43.96%/62試合 -46.3
27位 丸山奏子 41.18%/20試合

-243.7

28位 魚谷侑未 41.09%/80試合 23.0
29位 石橋伸洋 39.41%/62試合 -520.4
30位 瑞原明奈 38.89%/35試合 -219.7

リーチ時アガリ率上位3人は堀、小林、岡田。こちらの指標では上位9人中8人がトータルスコアプラスとなっており、リーチ率以上にトータル成績に相関関係があることが伺えた。リーチはリスクとリターンが隣り合わせな行為。成功率が高ければ高いほどリーチ時の失点率も低いと言える。

リーチ成功率を高めるためには、早い巡目でリーチを打つこと、なるべく山に多い待ちでリーチをすることなどが挙げられるが、当然運の要素も味方につけなくてはいけない。実力の要素と運の要素どちらも重要となってくる難しい指標と言える。

特にリーチ関連で特徴的なデータとなったのはサクラナイツ・岡田。全体のアガリの約68%がリーチのアガリとなっており、リーチ率、リーチ成功率も上位とリーチを主眼にゲームを組み立てていることがわかる。積極的な攻撃で今後も更なる進化を見せるだろう。

また、アガリ時割合のリーグ平均はリーチ52.10%、ダマ16.65%、副露31.24%となっている。

こちらはチーム別データとなるが、風林火山と麻雀格闘俱楽部のリーチ率、放銃率のデータ。リーチ率では麻雀格闘俱楽部が1位、風林火山が8位だが、放銃率では麻雀格闘俱楽部が8位、風林火山が2位となっている。大きなアガリに繋がることもあるが、リスクが伴う行為でもあることがわかる。チーム、選手の個性も色濃く出る場面とも言えるだろう。

次回はチーム別副露率、副露時アガリ率のデータを確認していく。

※データはすべて2021年3月12日終了時点。全レギュラーシーズンのデータ

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top