麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/22 Mリーグ2021 1戦目結果】伊達の押し引きに全員驚嘆!ツモリ四暗刻テンパイからのオリを選択して放銃回避し、初トップ!!!

【10/22 Mリーグ2021 1戦目結果】伊達の押し引きに全員驚嘆!ツモリ四暗刻テンパイからのオリを選択して放銃回避し、初トップ!!!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」12日目が10月22日(金)に開催された。

10月22日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、松嶋桃渋川難波 ©ABEMA

第1試合

第1試合は二階堂亜樹魚谷侑未伊達朱里紗岡田紗佳の対戦。今シーズン初の女性選手だけの対局となった。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局親の亜樹の手にドラの東が対子。[白]を仕掛けて[東][4]のシャンポン待ちに。[東]なら18000の大物手だが、岡田がリーチ。

亜樹が[赤五]を入れ替えて放銃。打点こそ1300だが、亜樹の大物手をつぶした。

東1局 亜樹の手牌 ©ABEMA
東1局 岡田 1300 ©ABEMA

東2局、伊達が配牌でドラ[二]が暗刻だがなかなか手が伸びない。岡田が対子の[発]を一枚スルーして[発][7]のシャンポンでリーチ。亜樹も仕掛けてテンパイし、岡田の現物の[三][六]待ち。岡田が[六]を掴み亜樹のアガリに。静かに局が進む。

東2局 伊達の手牌 ©ABEMA
東2局 岡田リーチ ©ABEMA
東2局 亜樹 タンヤオ・赤 2000 ©ABEMA

東3局、伊達がドラ1先制[四][七]待ちリーチ。[四]が全て山に残っており、これをツモ。2600オールでトップ目に立つ。

東3局 伊達 リーチ・ツモ・ドラ 2600オール ©ABEMA

東3局1本場、西家の亜樹が[白]スルーしてドラの[西]を引き入れ、[白][西]のシャンポンでテンパイ。ドラの[西]は親の伊達の現物で、どちらも切られやすいと読んでヤミテンに。ピンフの一向聴の魚谷から[白]が放たれ、亜樹の5500のアガリに。

東3局1本場 亜樹 白・ドラ2 5200 ©ABEMA

東4局、伊達の[①][②]シャンポンリーチに[東][中]を仕掛けていた亜樹が追いつく。亜樹の待ち[④][⑦][⑦]はリーチの現物で、魚谷が放銃となった。

東4局 伊達 リーチ ©ABEMA
東4局 亜樹 東・中・赤1 3900 ©ABEMA

南1局、伊達が七対子[発]単騎でリーチ。しかし[発]は魚谷の手に暗刻。亜樹もリャンメンリャンメンの一向聴だったが、ライバルの伊達のリーチに一発目は現物の[2]を切って引き気味に。

南1局 伊達 リーチ ©ABEMA
南1局 岡田の手牌 ©ABEMA

道中岡田が[三]を暗槓して[4][7]リーチ。[7]は全部切られていたが[4]は2枚山に残っていた。2軒リーチになり、安牌がなくなった魚谷から[発]が打ちだされ、伊達のアガリに。新ドラ2枚、裏ドラも2枚乗って跳満になり、トップ目になった。

南1局 魚谷の手牌 ©ABEMA
南1局 伊達 リーチ・七対子・ドラ4 12000 ©ABEMA

南2局、放銃が続いた魚谷の親番。[南]を仕掛けるも全員が対応。役牌を鳴かせない、上家の亜樹もテンパイさせないようにと慎重に進め、魚谷はテンパイできず、全員ノーテンで流局。

南2局 流局 ©ABEMA

南3局1本場、伊達の親番、岡田のドラドラ[五][八]待ち先制リーチを受けながらもツモリ四暗刻のテンパイ。

南3局1本場 岡田のリーチ ©ABEMA
南3局1本場 伊達 ツモリ四暗刻テンパイ ©ABEMA

ヤミテンで押していくと岡田の当たり牌[五]を掴み小考。トップ目で放銃が厳しい局面とみたか、対子の[北]を切って撤退を選択。

南3局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 亜樹 タンヤオ・赤3 2000・4000 ©ABEMA

すると亜樹が赤3枚を使い切ったタンヤオでテンパイし満貫ツモ。トップ目でオーラスへ。

南4局岡田が一盃口を完成させてカン[七]待ちのリーチ。トップ目の亜樹もテンパイし。リーチを宣言するも出ていくのは岡田の当たり牌の[七]。12000のアガリで岡田が追いすがる。

南4局 岡田 リーチ©ABEMA
南4局 亜樹 リーチ©ABEMA
南4局 岡田 リーチ・一発・タンヤオ・一盃口・赤1 12000 ©ABEMA

南4局1本場、亜樹はトップまでは満貫ツモか伊達からの直撃が必要になった。ドラの[①]をポンして[中]を仕掛け、[一][四]待ちでテンパイする。満貫ツモか直撃以外ではトップまでわずかに届かないが、岡田から[一]が打たれアガって2着をキープ。

南4局1本場 亜樹の仕掛け ©ABEMA
南4局1本場 亜樹 中・ドラ3 8000 ©ABEMA

伊達は出場3戦目にして、インパクトのあるトップで、チームに2勝目を持ち帰った。

第1試合トップの伊達 ©ABEMA

第1試合結果
1位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+60.7
2位 亜樹(風林火山)+20.1
3位 岡田(サクラナイツ)▲19.7
4位 魚谷(フェニックス)▲61.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

【10/22 Mリーグ2021 2戦目結果】高宮まりがトップ浮上後も怒涛の攻めで押し切りチーム連勝!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top