麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ABEMAS・多井とフェニックス・茅森が7勝目! フェニックスは遂に4位に浮上!!【Mリーグ 1/25 結果速報】

ABEMAS・多井とフェニックス・茅森が7勝目! フェニックスは遂に4位に浮上!!【Mリーグ 1/25 結果速報】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は1月25日に、EX風林火山 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 渋谷ABEMAS 対 セガサミーフェニックス の対戦が行われた。

第1試合は、風林火山から亜樹、フェニックスから茅森、麻雀格闘俱楽部から寿人、ABEMASから多井の対局。

東4局にラス目で親番を迎えた多井が親番で大連荘。茅森からの12000を皮切りに大きく連荘するが、更なる連荘を狙った6本場に落とし穴。茅森からリーチ・ドラ3・裏3・赤の16000を直撃されトップの座を明け渡す。

しかし南入後再びトップ目に立ち、オーラスは亜樹が茅森からアガり2着浮上を決めた。上昇気流の乗っていたフェニックスの茅森は悔しい3着となった。

ABEMASは3位に浮上する大きな1勝となった。

第1試合でトップを取った多井  ©AbemaTV

1位:多井(ABEMAS)+53.8
2位:亜樹(風林火山)+6.7
3位:茅森(フェニックス)▲17.7
4位:寿人(麻雀格闘俱楽部)▲42.8

1/25 第1試合後のランキング  ©AbemaTV

第2試合はフェニックスから茅森、ABEMASから松本、風林火山から勝又、麻雀格闘俱楽部から寿人の対局。

東4局にラス目で親番を迎えた茅森が寿人の先制リーチを受けるも追い掛けて6000オールで一気にトップ目に立つ。

勝又、寿人も僅差で食らいつくが南3局に両者を引き離すダブ南・トイトイの2000・4000のアガリを決めた。

オーラスは跳満ツモ条件の寿人がチンイツ・赤の聴牌を入れるも松本が勝又からアガり、トップは茅森の逃げ切りとなった。

フェニックスはこのトップでなんと4位に浮上。苦しい状況をまさに不死鳥のように切り抜けた。このままファイナルシリーズへの切符を手にすることはできるのか!?

第2試合でトップを取った茅森  ©AbemaTV

1位:茅森(フェニックス)+63.7
2位:寿人(麻雀格闘俱楽部)+8.6
3位:勝又(風林火山)▲23.3
4位:松本(ABEMAS)▲49.0

次回1月28日(月)は、風林火山、麻雀格闘俱楽部、UNEXTパイレーツ、チーム雷電が対戦。

実況は松嶋桃、解説は渋谷ABEMASの多井隆晴が務める。

 1/25 終了時チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 307.6 68/80
2 ドリブンズ 120.9 70/80
3 麻雀格闘倶楽部 ▲49.5 70/80
4 フェニックス ▲75.7 70/80
5 ABEMAS ▲89.8 68/80
6 Pirates ▲105.1 66/80
7 雷電 ▲108.4 68/80

フェニックスが4位浮上!!

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 230.2 25
2 滝沢(風林火山) 198.4 25
3 多井(ABEMAS) 164.8 20
4 勝又(風林火山) 127.7 22
5 寿人(麻雀格闘倶楽部) 117.0 32
6 黒沢(雷電) 113.8 19
7 朝倉(Pirates) 61.5 21
8 前原(麻雀格闘倶楽部) 58.1 21
9 松本(ABEMAS) 47.8 24
10 近藤(フェニックス) 41.9 19
11 たろう(ドリブンズ) 32.6 26
12 茅森(フェニックス) 19.7 26
13 亜樹(風林火山) ▲25.2 20
14 石橋(Pirates) ▲71.2 22
15 萩原(雷電) ▲88.1 24
16 小林(Pirates) ▲95.4 23
17 瀬戸熊(雷電) ▲134.1 24
18 魚谷(フェニックス) ▲137.3 25
19 村上(ドリブンズ) ▲141.9 19
20 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲224.6 15
21 白鳥(ABEMAS) ▲302.4 24

多井が3位浮上!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top